2018/03/18

記事 from 2018/03/18

ウガンダ:死に至るウイルス性熱病の発生か、広がる不安

1月、9歳の少女がクリミア・コンゴ出血熱の症状を呈して死亡。検査の結果、陽性だったと複数のメディアが伝えた。政府はアウトブレイクを否定するが、医療関係者からも適切な対応を求める声があがっている。