See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

グアテマラ:特許によるマヤ織物の保護を

グアテマラのマヤ族は、自分たちの織物を、海外の企業や国内でも先住民ではないデザイナーが盗作したり無断で使用したりすることに、長い年月耐えてきた。写真はUt'z Bat'z collectiveにおいて、ジュリー・ウーデ・オーデット撮影。許可を得て使用。

2011年のミス・ユニバースの大会で、グアテマラ代表アレハンドラ・バリリャスは、完璧なグアテマラの民族衣装に身を包みステージに現れた、と世界の人々は見た。いやおそらくグアテマラ人でもそう思った人はいるだろう。しかし、先住民族であるマヤのコミュニティの人々はひどく憤慨したのだった。というのもグアテマラ人のデザイナー、ジョヴァンニ・グズマンのディレクションによるバリリャスの衣装は、マヤの儀式において年長の男性リーダーのみが身にまとうものだったのである。

グアテマラのマヤ族は、自分たちの織物を、海外の企業や国内でも先住民ではないデザイナーが盗作したり無断で使用したりすることに、長い年月耐えてきた。マヤの人々が主張したいのは、たとえばマリアズ・バッグの創立者であるデザイナーのアライダ・ボーアは、マヤ族の固有のデザインを許可なしに使い、オンラインで商品を最大600米ドル以上で売って利益を得ている、ということだ。

一方グアテマラ政府は、先住民固有の織物やデザインをほとんど保護してこなかった。さらには、この国の知的財産権法には抜け穴があり、マヤ族の知的財産を除外している。政府や国のツーリズム機関であるInguatは、観光産業の促進のため、先住民の織物や手工芸品を利用しつづけている。このように、人口のおよそ40%、貧困層では80%を占めるグアテマラの先住民は、ないがしろにされているのである。

「観光客を呼び込むために、私たちは餌として使われてきました。しかも私たちの衣装、文化、工芸品のもたらすお金は先住民の私たちの元へは戻ってきません。私たちが特許権で訴えたいのはこのことなのです」写真はUt'z Bat'z collectiveにおいて、ジュリー・ウーデ・オーデット撮影。許可を得て使用。

マヤ族コミュニティは、いまだにグアテマラ内戦の影響下にある。この内戦は1960年から1996年まで激しく続き、20万人のマヤ先住民が虐殺されたり行方不明になっている。内戦により殺された人々のおよそ83%はマヤ族である。その他の数えきれない人々が、主にグアテマラ政府や軍による人権侵害の犠牲者となった。その当時の政府高官は戦争犯罪により告発されている。その中には大量殺戮を行った元大統領エフライン・リオス・モントも含まれる。

「私たちは人間ではなく物のような扱いを受けています」と語るアンジェリーナ・アスプアクは機織り職人で、サカテペケス振興女性協会(AFEDES)の広報担当者である。「彼らは観光客を呼び込むために、私たちを餌として使います。しかも私たちの衣装、文化、工芸品のもたらすお金は先住民の私たちの元へは戻ってきません。このことを、私たちは特許権を主張することで訴えているのです」

マヤの機織り職人は、アーティストとして、彼らの工芸品は知的財産であると認識されるべきだと唱える。写真はUt'z Bat'z collectiveにおいて、ジュリー・ウーデ・オーデット撮影。許可を得て使用。

アスプアクが語っている特許は、グアテマラのマヤ族機織り職人たちが、彼らの文化遺産を取り戻すために2016年5月に始めたキャンペーンの最重要項目である。グアテマラに居住する18の言語の地域から集まった30団体からなり、AFEDESが主宰するグループが、憲法裁判所より前に、法的措置を講じてきた。マヤの機織り職人は、アーティストとして、彼らの工芸品は知的財産であると認識されるべきだと唱える。この訴訟は、グアテマラの知的財産権法下の保護からマヤの織物工芸品を除外することは違憲であると主張している。

国会に提出されたこの法案は、国の産業や産業財産権を管理する 5つの法律条項を変更することにより、機織り職人らが言う「先住民族の蓄積された知的財産」を、公式に承認するものである。先住民族が彼らの遺産を管理する権利を考慮し、先住民族を作者と見なすことにより、現行の知的財産権法の下で彼らが自動的に利益を得ることができるように、知的財産権を定義することを求めている。これにより、マヤの手織りの作品の使用や再生産により利益を受ける事業者は、使用料の支払いと、著作権者名を明記することが必要とされる。

「現在のところ、生産品の全体を保護するこのような条項はなく、私たちマヤの機織り職人の仕事は、正当に評価されてきませんでした。むしろこれまで、技法やデザインの盗用や商業化が進められてきました」

アスプアクは、特許の結果として受け取る使用料は、地域に分配されることになると語る。マヤの人々はそのデザインを使うことを求める企業と、利益について交渉する代理人らを指名し、地域に戻る資金の配分を管理する。アスプアクやこの運動を主導する他のメンバーたちは、お金を織物学校や女性、子どもの教育のための社会的プロジェクトに投資することを望んでいる。

写真はUt'z Bat'z collectiveにおいて、ジュリー・ウーデ・オーデット撮影。許可を得て使用。

望むのは、テキスタイルやデザインの特許権を得ることで、マヤのコミュニティがより自立し、彼らの遺産や文化を管理していけることだ。それにより、マヤの人々が直面する、文化の盗用と搾取という2つの大きな困難を軽減してゆくことである。特許から得られる使用料は、コミュニティが長く強いられてきた貧困の連鎖を断ち切る機会も与えるであろう。

このような闘いはマヤの機織り職人に限ったことではない。メキシコの都市オアハカのトラウイトルテペク・コミュニティのメンバーは、2015年にフランス人デザイナー、イサベル・マランを、600年の歴史を持つトラウイトルテペクのデザイン盗用の件で告発した2012年にはアメリカ、ナバホ・ネイションが、アーバン・アウトフィッターズに対し、「ナバホ・ヒップスター・パンツ」「ナバホ・プリント・フラスコ」など、多くの製品に彼らの名前を使用したことで、告訴状を提出している。この種の文化の盗用や盗作が蔓延したことを受けて、世界中の先住民コミュニティ189の代表が、2017年6月、ジュネーブに集まり、世界知的所有権機関(WIPO)の特別委員会が開かれ、世界中の先住民文化の盗用を禁じた

マヤ・コミュニティにとって最も重要なのは、特許により彼らの工芸品の意義と価値が認められるということであろう。マヤの布や服の伝統、とりわけマヤ族の女性が手織機で織った衣服であるウィピルは機織り職人にとって深い意味を持つ。

チチカステナンゴ女性協会Ut'z Bat'zのマヤの機織り職人であるルシアは語る。「マヤ以外の人がウィピルを作ることは決してありません。なぜなら、それらはすべて意味があるからです。たとえばキチェでは、このデザインにはヘビが描かれています。というのも、ヘビは私たちの祖先が登ったり、周りを眺めることができた山々も表わすMのカーブのように曲がった形をしているからです。その首は太陽を表し、4つの角は重要な点を表しています」

マヤの機織り職人で、チューレーン大学で教えるアンブロシア・トゥーマ教授はこう語る。「ウィピルは私たちそのものです。それらは、自然と共にある女性の日々の会話を表現している知識の宝庫なのです」

コメントする

Authors, please ログイン »

コメントのシェア・ガイドライン

  • Twitterやfacebookなどにログインし、アイコンを押して投稿すると、コメントをシェアできます. コメントはすべて管理者が内容の確認を行います. 同じコメントを複数回投稿すると、スパムと認識されることがあります.
  • 他の方には敬意を持って接してください。. 差別発言、猥褻用語、個人攻撃を含んだコメントは投稿できません。.