See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

2018年平昌オリンピック:過去最多のアフリカ出身選手が参加

(原文掲載日は2018年2月11日、英語版掲載日は2018年3月7日)

オリンピック開会式でのナイジェリアチーム―パブリック・ドメイン

冬季オリンピックに出場するアフリカの国々は、その際重大な障害に直面する。天候、資金不足、ウィンタースポーツの不人気といったものすべてが、オリンピックレベルの大会に参加しようとする選手たちにとって障害となるのだ。1960年に米国カリフォルニア州スコーバレーで開催された冬季オリンピックでの南アフリカが、アフリカの国として初の参加となった

しかし、2月9日開幕の2018年平昌オリンピックでは、今までで最も多くのアフリカの国々が参加することになったアフリカ8か国から計13名の選手が出場した。その内訳は、南アフリカ、エリトリア、ガーナ、ケニア、マダガスカル、モロッコ、ナイジェリア、トーゴ。下の動画(フランス語)では、選手たちがどのようにして出場資格を得たのか、そして各国の出場状況が前回の冬季オリンピックとどのように違うのかが述べられている。(訳注:動画は現在見ることができない状態になっている)

冬がない気候で育ち、暮らす人々にとって、ウィンタースポーツはなじみのないものである。オリンピックレベルでウィンタースポーツのトレーニングをする場合、適した施設へのアクセスやトレーニングにおける経済的な負担など、選手が考慮しなくてはならない要素は多い。アフリカ選手の大半は代表国から遠く離れた場所で能力を磨いている。AfricaNews.comのジャーナリストであるキャロル・クアシは、トレーニングのための連盟設立から資金問題まで、選手たちが直面する問題を明らかにした

Une fierté pour le continent qui n‘éclipse cependant pas les difficultés auxquelles les athlètes africains, notamment subsahariens, ont fait ou feront face. En premier lieu, les températures glaciales des pays qui abritent ces jeux, aux antipodes de celles rencontrées en Afrique subsaharienne. Conséquences, la majorité des athlètes représentant le continent sont nés ou ont été formés hors de l’Afrique.

Autre difficulté, le manque de financement. Le cas de l‘équipe nigériane de bobsleigh est le plus patent. Les trois jeunes dames qui composent cette équipe, ont dû lever une collecte de fonds pour payer leurs séances d’entraînement et leurs équipements.

Avant elles, des sportifs africains ont dû faire face aux mêmes obstacles. En 1984, le Sénégalais Lamine Guèye, le premier Africain noir à participer aux Jeux olympiques d’hiver, a créé la fédération sénégalaise de ski et, plus récemment, Robel Teklemariam a créé la fédération éthiopienne de ski avant de faire ses débuts aux JO d’hiver 2006.

A pride in the continent which doesn’t diminish the difficulties faced by African athletes, particularly the sub-Saharan ones, face, or will face. First, the frigid temperatures of the countries playing host to the games, the polar opposite of what one finds in sub-Saharan African. As a result, the majority of athletes representing the continent are born or receive training outside Africa.

Another challenge, the lack of funding. The case of the Nigerian bobsleigh team is the most obvious example. The three young women who make up the team had to do fundraising to pay for their training sessions and equipment.

Before them, African athletes had to deal with the same difficulties. In 1984, Senagalese athlete Lamine Guèye, the first black African to participate in the Winter Olympic Games, created the Senegalese ski federation and more recently Robel Teklemariam established the Ethiopian Ski Federation before competing at the 2006 Winter Olympic Games.

アフリカ大陸としてのプライドがあれど、アフリカ選手、特にサハラ以南の選手が直面してきた困難はなくならないし、今後も直面するでしょう。まず開催国の厳しい寒さは、サハラ以南のアフリカ人が知るそれとは真逆です。結果、アフリカ代表となるのは、アフリカ以外で生まれるかトレーニングを積む選手が大半になります。

別の問題は資金不足です。最も顕著な例はナイジェリアのボブスレーチームの事例です。チームを組んだ3名の女子選手は、トレーニングのレッスン代や用具代のために募金活動をしなければなりませんでした。

アフリカ選手たちが同様の困難に対処しなければならない事態は、それ以前にもありました。1984年冬季オリンピックに出場した初の黒人選手であるセネガルのラミネ・ギュエイエはセネガル・スキー連盟を、さらに最近ではロベール・テクレマリアムが2006年冬季オリンピック大会の前にエチオピア・スキー連盟を、それぞれ立ち上げました。

中には、単に大会に初出場するだけでなく、母国にメダルを持ち帰ることを目指す選手もいる。

While Mathilde-Amivi Petitjean and Adam Lamhamedi are veterans of sorts having represented Togo and Morocco respectively at the 2014 games in Sochi, Russia, at this year’s games, a number of African athletes will be history makers just by being there. Akwasi Frimpong will become the first Ghanaian to compete in Skeleton while Sabrina Simader and Mialitiana Clerc will become the first women to represent Kenya and Madagascar respectively. Nigeria’s bobsled team will also become the first Africans to participate in the sport at the games.

But there’s a bigger record up for grabs for all 13 African athletes in Pyeongchang, South Korea: becoming the first African to win a Winter Olympics medal.

2014年のロシア・ソチ大会でそれぞれトーゴとモロッコの代表であったマチルド・アミヴ・プチジャンやアダム・ラマミディは、当時すでにベテランの域の選手でした。それに対して今大会では、出場すること自体が歴史的快挙になるようなアフリカ選手が大勢います。アクワシ・フリンポンはスケルトン競技で初のガーナ人ですし、サブリナ・シマデルやミアリティアナ・クレールはそれぞれケニアとマダガスカル代表で初の女子選手です。ナイジェリアのボブスレーチームも、今大会がアフリカ勢として初の出場となります。

しかし韓国・平昌には、13名のアフリカ選手誰もが狙う、もっと大きな記録があります。冬季オリンピック初のアフリカ人メダリストという記録です。

Certains de ces athlètes pratiquent des sports inconnus dans le pays qu’ils représentent. Nombre d’entre eux sont nés et/ou ont grandi à l’étranger, sous des latitudes plus propices aux sports d’hiver, et ont choisi de participer à ces Jeux, pour certains en passant simplement d’un drapeau à un autre, pour d’autres en redécouvrant leurs racines…

Seun Adigun, Ngozi Onwumere et Akuoma Omeoga, toutes trois américano-nigérianes, participeront à l’épreuve de bobsleigh à deux. Née à Chicago, Adigun était déjà présente pour le 100 m haies des Jeux d’été 2012 à Londres. Avec Onwumere, originaire de Dallas, et Omeoga, du Minnesota, elles forment la toute première équipe africaine de l’histoire du bobsleigh olympique.

Simidele Adeagbo, participera à l’épreuve féminine de skeleton. Née à Toronto de parents nigérians et ayant vécu au Nigeria pendant son enfance, Adeagbo a mis à profit son expérience de coureuse pour participer, il y a seulement trois mois, à la première course de skeleton de sa vie et se qualifier à 36 ans dans l’équipe olympique nigériane.

Some of these athletes are involved in sports which are unheard of in the countries they represent. A number of them were born or grew up abroad, at latitudes more favourable for winter sports, and have chosen to participate in these winter games, for some simply changing from one flag to another, while for others it’s about rediscovering their roots…

Seun Adigun, Ngozi Onwumere and Akuoma Omeoga, all three of them American-Nigerians, will participate in two-man bobsleigh event. Born in Chicago, Adigun already participated in the 100m hurdles at the London Summer Olympics in 2012. With Onwumere, from Dallas, and Omeoga from Minnesota, they will form the first-ever African team in the history of Olympic bobsleigh.

Simidele Adeagbo will participate in women’s skeleton. Born in Toronto to Nigerian parents and having lived in Nigeria during her childhood, Adeagbo took advantage of her experience as a runner to participate, only three months ago, in the first skeleton race of her life and to qualify at 36 years old for the Nigerian Olympic team.

選手たちが取り組むスポーツの中には、自身の代表国内でその名を聞いたことがないものもあります。大半は海外のウィンタースポーツに適した地方で生まれ育ち、出場選手に選ばれてきました。単に代表する国旗を変えただけの選手もいれば、自身のルーツの再発見ととらえる選手もいます…

アメリカ系ナイジェリア人のセウン・アディグン、ヌゴジ・オンウメレ、アクオマ・オメオガの3名は、ボブスレー女子2人乗りに出場予定です。シカゴ生まれのアディグンは、2012年夏季ロンドンオリンピックで100メートルハードルに出場していました。ダラス出身のオンウメア、ミネソタ出身のオメオガと共に、オリンピックのボブスレー史上初となるアフリカ人チームを組むことになります。

シミデレ・アデアグボはスケルトン女子に出場します。トロントでナイジェリア人の両親の元に生まれ、幼少期をナイジェリアで過ごしたアデアグボは、ランナーとしての経験を活かし、わずか3か月前に人生初のスケルトンのレースに参加。36歳でナイジェリアのオリンピックチームに加わる資格を得ました。

アレッシア・ディポルの一風変わった出場エピソード

イタリア・ヴェネト州ベッルーノ県のピエーヴェ・ディ・カドーレに生まれたディポルは、ジャイアントスラローム(旗やポールでマークされた曲がりくねったコースを滑降するスキーレース)女子にトーゴ代表として出場した。彼女はイタリア・ウィンタースポーツ連盟およびインド・スキー連盟にも加入していた。18歳の時、ロシア・ソチ大会でなんとか53位につけた。彼女は帰化した国トーゴの旗手でもあった。

ディポルはどのようにしてトーゴ代表になったかをこう説明する

Mon père a une usine de vêtements de sport au Togo. Il tient à cette nation et je suis fière de l’opportunité que j’ai de concourir pour le Togo », a-t-elle confié. « Même si je suis née en Italie, que j’y vis et m’y entraîne, je serai désormais toujours avec le Togo, qui est comme une famille d’adoption.

My father has a sport clothing factory in Togo. He cares about the country and I’m proud to have the opportunity to compete for Togo. Even if I was born in Italy, living and training there, Togo will always be a part of me, it’s like my adopted family.

父がトーゴにスポーツウェアの工場を持っています。彼はこの国に思い入れがあり、私はトーゴのために戦える機会があることを誇りに思っています。たとえイタリアで生まれ、暮らし、トレーニングをしていようとも、トーゴは常に私の一部であり、家族ともいえるのです。

2018年1月に投稿したブログ記事で、彼女はオリンピックで代表を務める国への熱意や愛着を隠さなかった

Ragazzi manca sempre meno alle Olimpiadiiiiii!!!!!! Noi del Team Togo ci stiamo preparando al meglio per questo super appuntamento!!! Dobbiamo sistemare ancora delle cose e poi siamo prontissimi per vivere questa magnifica avventura!! E voi come vi state preparando??

Friends, there’s less and less time until the OLYMPIIIIICS!!!!!! On the Togolese team we’re are getting as ready as we can for this incredible event!!! We still have to arrange some things and we’ll be ready for this marvellous adventure!! And how do you get ready?

みんな、オリンピックがどんどん近づいているわよ!!トーゴチームでは、このすばらしいイベントのためにできる限りのことをやっているわ!まだ調整しないといけないけど、最高の冒険への準備はできているわよ!!みんなはどう?

校正:Yuko Aoyagi

コメントする

Authors, please ログイン »

コメントのシェア・ガイドライン

  • Twitterやfacebookなどにログインし、アイコンを押して投稿すると、コメントをシェアできます. コメントはすべて管理者が内容の確認を行います. 同じコメントを複数回投稿すると、スパムと認識されることがあります.
  • 他の方には敬意を持って接してください。. 差別発言、猥褻用語、個人攻撃を含んだコメントは投稿できません。.