See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

ビロード革命:アルメニア女性が立ち上がる


以下の記事はグローバル・ボイスと提携を結ぶChai-Khana.org掲載された記事の転載です。アレン・メリキャン著・撮影

現在アルメニアの首相にニコル・パシニャン氏が就任している理由のひとつに女性が挙げられる。しかし、女性にとって, 改革派の抗議デモを率いていた彼が、今年の5月に首相に就任するきっかけとなったこの「革命」はまだ始まったばかりなのだ。

この春、何千人もの女性がおよそ40日間にわたってアルメニアの街頭でデモ行進し、首相の辞任に加え、父系社会における女性の権利を求めて抗議を行った。

そのうちの3名の女性、「紛争転換イマジンセンター(Imagine Center for Conflict Transformation)」の開発責任者のマリア・カラペティアン(30歳)、非営利団体「暴力のない社会(Society without Violence)」のプロジェクトコーディネーターのアンビック・メリキャン(22歳)、そして政治活動家のリリス・バグダサリアン(23歳)が求めるものは、単に国会の議席や閣僚の座を確保しようとする以上のものである。

つまり彼女たちが求めるものは、女性に対する偏見を払拭することであり、アルメニア女性が女性の権利を獲得したときに必要とされる技量を女性自らが身に付けることである。

その点で、抗議の声をあげたこの女性たちは、まさに「革命家」なのだ。

校正:Masato Kaneko

コメントする

Authors, please ログイン »

コメントのシェア・ガイドライン

  • Twitterやfacebookなどにログインし、アイコンを押して投稿すると、コメントをシェアできます. コメントはすべて管理者が内容の確認を行います. 同じコメントを複数回投稿すると、スパムと認識されることがあります.
  • 他の方には敬意を持って接してください。. 差別発言、猥褻用語、個人攻撃を含んだコメントは投稿できません。.