See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

トリニダード・トバゴの復活祭を紹介 

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Solitary man (@barefoot.wanderer868) on

復活祭の休日はトリニダード・トバゴでは乾季の真っ最中であり、近場で休暇を過ごそうとする人たちにとっては、戸外で楽しむ方法がたくさんある。この2島からなる国家では復活祭がどのように過ごされているかを垣間見てみよう。復活祭を特色づける伝統的な行事もいくつか紹介する。

プイの木にうっとり

復活祭は、イペ(プイと呼ぶ地域もある)の花が満開の時期である。この時期、山腹や沿道はイペの燃えるような黄色い花で彩られる。プイの一種は、淡い桃色の花を開花させる。日本の桜のようだ。彩りにかかわらず、満開のプイの木の眺めは息をのむような光景である。毎年、ソーシャルメディアのユーザーはプイのスナップ写真を撮ってフェイスブックやインスタグラムに載せている。トリニダード・トバゴでは満開のプイの花なくして、復活祭の気分は味わえない。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Trinidad & Tobago (IZATRINI) (@izatrini_com) on

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Riaz Mohammed (@riaz_mohammed_) on

カキ氷を味わう

かき氷は一年中いつでも味わうことができる。しかし、砕いた氷と様々な風味のシロップそして(しばしば)コンデンスミルクで作った彩り鮮やかなスイーツこそ、復活祭の時期限定のさわやかなご馳走である。人出の多い海岸やクィーンズ・パーク・サバンナ(首都のよく知られた緑地)のあちこちにこの屋台が出て人気を集めている。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by InSeason Tours Ltd. (@inseason.tours) on

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Natalake 🇬🇧🇹🇹 (@iamnatalake) on

凧あげ

もう一つ、復活祭に人気のある伝統行事は凧揚げである。毎年、復活の主日にクィーンズ・パーク・サバンナで 凧揚げ大会が開かれる。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Petal Howell (@petal1hunned) on

復活の主日の凧揚げ大会参加者 トリニダードのクィーンズ・パーク・サバンナにて 写真:ジョージア・ポップルウエル  CC BY-NC-SA 2.0.

クリケットの試合

「白色のユニホーム」で着飾ったクリケットチームが、各地の競技場(もちろん、クィーンズ・パーク・サバンナでも)で親善試合をしている光景もこの時期によく見られる。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Chris Leuenberger (@leuenbergerchris) on

ホットクロスバンをモグモグ

復活祭にホットクロスバンを食べなければ、どうしても復活祭とは言えない。宗派に関していえば、トリニダード・トバゴ国民の圧倒的多数はキリスト教徒である。したがって、聖金曜日にホットクロスバンを食べるのが伝統行事となっている。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Peche Patisserie (@pechepatisserie) on

コメントする

Authors, please ログイン »

コメントのシェア・ガイドライン

  • Twitterやfacebookなどにログインし、アイコンを押して投稿すると、コメントをシェアできます. コメントはすべて管理者が内容の確認を行います. 同じコメントを複数回投稿すると、スパムと認識されることがあります.
  • 他の方には敬意を持って接してください。. 差別発言、猥褻用語、個人攻撃を含んだコメントは投稿できません。.