See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

リリー・サティッタナーサーンの主張ータイでプラスティク汚染と戦う12歳の少女

使い捨てプラスティクを社会から一掃する必要性を幼稚園児に教えているリリー・サティッタナーサーン。写真は「バイバイ・プラスティク・バッグ・タイランド」のフェイスブックページより

12歳のラリン・'リリー'・サティッタナーサーンは2019年9月20日、タイ王国天然資源環境省前で悪化する環境危機を象徴するダイインデモに参加していた。これは世界中の若者たちが中心となって起こした気候環境ストライキの一環で、急速な地球温暖化を食い止めるためにすぐに行動を起こさなければならないと訴えるものだ。

リリーはプラスティック使用削減の主張でタイで知られている。過去4年間にわたって、当局者、経営者、市民活動家たちに使い捨てプラスティックによる汚染について意見を述べてきた。

その努力が功をなし、タイでプラスティックゴミ問題への警鐘活動に注目を集めることができた。またその主張が認められ、バンコクのスーパーマーケットに毎週1回、ビニール袋の提供をやめさせることになった

WhatsAppアプリによる筆者とのインタビューでは家族に促されて、自分自身が環境擁護者と言えるかどうかわからないと答えた。というのは、リリーはその活動をむしろひとつの責任だと感じているからだ。

I feel the responsibilities to do something about it now. I don’t know that I am an environment advocate like you said. I just want to do something to help out. My family always teach me that if we can do something to help then we should. I saw many issues where we live and I know even kids like me can change to do something about it, so I do that. Also, it’s not enough that only I-myself do something. Everyone should come help too. The government and people with power too. I can tell others to help by letting them know the issues and that they can do something about it.

今こそこの問題のために何かしなければと思っています。私は皆さんが言うような環境擁護者かどうか分かりません。何か手助けをしたいだけなんです。家族からは「何かできることがあれば、そうしなさい」といつも言われています。タイでたくさんの問題を見てきたし、私のような子どもでも問題解決のために変われるんです。だから私はそうするんです。それに私ひとりだけが実行しても十分じゃありません。みなさんの力が必要なんです。政府や為政者の助けも必要です。他の人たちにもこの問題のことや解決のためにできることがあると知ってもらえたら、手助けを頼めるんです。

リリーが8歳の時、家族と休暇を過ごした海浜でプラスティックゴミを見て、それがきっかけで環境に関心を持ち始めた。

リリーは当局者や社会のリーダーたちと心を通わせようとして直面した課題や苦労の一端をこのように話してくれる。

Adults think I’m doing homework or a school project. They didn’t take me seriously but I kept emailing them and now they take me seriously. I have meetings with them and present my ideas and I showed them what I have done so far. People will follow me not because I have an opinion or knowledge about something. People will follow me because I do it, I showed them I made the change.

大人たちは私が学校の宿題か何かしているとでも思っているんですね。みんな私の話を真剣には受け止めてくれませんでした。でもメールを送り続けたら、今ではきちんと聞いてくれるようになったんです。大人たちと話し合いをして私の考えを伝えたし、私のこれまでの活動を紹介したんです。私に何か意見や知識があるからみんなが支持してくれるんじゃありません。実行するから支持してくれるのでしょう。私がこんな風に変えたことを分かってもらえたんです。

タイのグレタ・トゥーンベリ、リリーがプラスティック汚染と戦う

多くのメディアはリリーをタイのグレタ・トゥーンベリだと評している。グレタは16歳のスウェーデン人で、グローバル気候マーチの人気アイコンになった気候変動活動家だ。リリーの反応はこうだ。

Greta is very important to me. She symbolizes that kids have power to change and I have believed that for a long time already. I don’t think I’m Greta of Thailand. I’m my own person. So, I’m Lilly. I live in Thailand and I’m a citizen of the world. The earth is what we all have in common.

グレタは確かに私にとってとても重要な人です。彼女の存在は子供だって変革する力があることを象徴しています。私はもう長い間そう信じています。でも私はタイのグレタだとは思っていません。私は私、リリーなんです。私はタイの住民で、そして世界市民なんです。この地球はみんなのものなんです。

リリーはタイ政府に送ったリマインダー・メールでこう語っている。

I think if the government agrees that our environment is important then they should declare that we are in a crisis in all parts of Thailand. We have serious droughts and flooding for decades. So many sea creatures are dead from eating plastic. We have only 34% of the rainforest left in Thailand. We are depleting fossil fuels. There won’t be any left. And we have so many new factories and increasing carbon emission. So, with all the issues we are facing, we should declare Climate Emergency for Thailand.<

もし政府がタイの環境を大切だと認めるなら、タイ全土が危機にさらされているとはっきりと言うべきです。この国は何十年も深刻な干ばつや洪水に見舞われています。海洋生物もプラスティックゴミを食べてとてもたくさん死んでいます。タイの熱帯雨林はたった43%しか残されていません。化石燃料は枯渇寸前でもういくらも残っていません。そして新しい工場がどんどんでき、二酸化炭素排出量も増える一方です。このように、私たちが直面しているいろいろな問題を考えると、今こそタイに気候非常事態宣言を出す時だと思うのです。

コメントする

Authors, please ログイン »

コメントのシェア・ガイドライン

  • Twitterやfacebookなどにログインし、アイコンを押して投稿すると、コメントをシェアできます. コメントはすべて管理者が内容の確認を行います. 同じコメントを複数回投稿すると、スパムと認識されることがあります.
  • 他の方には敬意を持って接してください。. 差別発言、猥褻用語、個人攻撃を含んだコメントは投稿できません。.