See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

なぜ?ナイジェリアでトランプ人気、その秘密を探る

2018年8月19日、ワシントンのホワイトハウスに戻るドナルド・トランプ大統領。画像:サミラ・ブアオウ/エポック・タイムズ、CC BY 2.0.

米国のトランプ大統領は国際問題の対応において、世界中で低い評価を受けているが、ナイジェリアのようなアフリカ諸国では事情が異なる。

ピュー研究所による最近の調査では、ナイジェリア人のほとんどは、トランプは「国際問題で正しい選択をする」と「確信している」。

ピュー研究所の調査結果は、ワシントンDCに本社を置く、世論調査及びコンサルティングを行う企業であるギャラップ社の指導の下、電話と対面インタビューによって収集された。

2019年10月のTweepsmapの分析によると、トランプのツイッターの全フォロワー数のうち、ナイジェリア人は世界で5番目に多かった。

信じ難いことだが、トランプはナイジェリアで大変人気がある。ちなみに、私は彼が好きではないが、実際、ここではトランプのファン層がとても厚いんだ。

しかし、これはトランプがナイジェリア人に人気である理由の説明にはならない。

ナイジェリア人ライター、アダオビ・トリシア・ンワウバニはBBCとの共同制作の公共ラジオ番組The Worldに対し、トランプの「タフガイ・イメージ」がアフリカの最も人口の多い国で共感を生んでいると説明した

People admire his tough guy image and his bluntness is entertaining. He's weird to Americans. He's strange. He's different from what you've had. But we're used to leaders who speak without restraint, who are verbally abusive when they please. And so, he's not as outlandish to us as he may appear to an American.

人々は彼のタフガイ・イメージを称賛し、不遠慮なところを楽しんでいます。彼のような人間は、アメリカ人にとっては不可解で、不思議であり、経験がないでしょう。しかし我々は、自由で、すきなだけ口汚く話すリーダーに慣れています。そのため、我々にとって彼はそれほど奇妙な人間ではないのです。

もう一つの理由は宗教である。トランプはナイジェリアのキリスト教徒にとても人気がある。

SBMインテリジェンスの調査局長、チェタ・ヌワンゼはグローバル・ボイスの取材に対して次のように語った。

I'd like to see exactly WHERE in Nigeria this survey was conducted. I'm willing to bet that it was largely in southern Nigeria, which explains the love of Trump. A lot of his base are evangelical Christians, from whom many Nigerians draw their inspiration.

知りたいのは、ナイジェリアの正確に「何処」でこの調査が行われたのかです。主にナイジェリア南部だったのは間違いないでしょう。それならトランプ人気の説明が付きます。彼の支持基盤の多くは福音派のキリスト教徒であり、多くのナイジェリア人が影響をうけています。

推定人口2億人のナイジェリアには、主に2つの宗教、キリスト教とイスラム教がある。イスラム教徒とキリスト教徒は、それぞれ50%と48%を占めている

最近の世論調査は、ナイジェリアの「地政学的地域で層別した地方自治体」で行われたとされているが、北部のアダマワ州、ボルノ州、ヨベ州は安全上の懸念により調査対象から外されていた。

ナイジェリア国内には基本的な行政統治機構である774の地方自治体地域がある。また、六つの地政学的地域、北中央、北西、北東、南南、南東、および南西がある。

ピュー研究所の調査対象がナイジェリア南部のキリスト教徒が主だったにちがいない、というンワンゼの見解は、根拠がなくはない。 また、調査結果ではナイジェリアのキリスト教徒は「イスラム教徒 (54%) よりも米国 (69%) に好意を抱いている」ことも分かっている

イランの司令官ガーセム・ソレイマニ氏が米国により殺害された後、ナイジェリア連邦警察隊の警察監察長官は「国益」から、混乱の未然防止のため、非常事態宣言を発令した。

イスラム教シーア派集団のひとつ、ナイジェリア・イスラム運動 (IMN) はソレイマニ氏を殺害した米国の空爆を「イランへの宣戦布告」と表現した

トランプは「現代で最も論議を呼んでいる世界のリーダーの一人だ」と評されている

それでも、彼がナイジェリアで多くの人から愛されているのは明らかなのだ。

校正:Ayumi Oda

コメントする

Authors, please ログイン »

コメントのシェア・ガイドライン

  • Twitterやfacebookなどにログインし、アイコンを押して投稿すると、コメントをシェアできます. コメントはすべて管理者が内容の確認を行います. 同じコメントを複数回投稿すると、スパムと認識されることがあります.
  • 他の方には敬意を持って接してください。. 差別発言、猥褻用語、個人攻撃を含んだコメントは投稿できません。.