地下鉄やバスでイスタンブールの街をめぐるストリート・ドッグ登場

イスタンブールのストリート・ドッグ「ボジ(Boji)」は、公共交通機関を使って、毎日イスタンブールの街を探検している。

やあ、皆さん。イスタンブールのボジです。多くの皆さんと同じように、毎日公共交通機関を利用しています。バスや地下鉄やフェリーでぼくを見かけたら声をかけてね。

ボジはその上、ツイッターインスタグラムのアカウントも持っている。最近イスタンブール市長エクレム・イマムオール氏がツイッターをフォローしてくれたことを喜んでいる

ボジという名前は「車両の台車(訳注:英語でbogie)」に由来する。交通機関を利用する時にはよくその場所で休憩するという。

イスタンブール・メトロポリタン自治体(IMM)は、ボジが必要なすべての注射やワクチンを受けていることを確認済みだ。そしてボジを街に戻す前に、居場所がわかるよう自治体職員がGPSトラッカーを装着させた。

IMMによると、ボジのつい最近のイスタンブールでの探検は30キロメートルにも及んだ。

İstanbul's now famous urban dog Boji uses all types of public transport vehicles available in the city such as the subway, Marmaray, tram and ferry. İstanbulites from various and far districts of the city come across Boji on different occasions and share his images on social media.

今やイスタンブールの有名なアーバン・ドッグのボジは、地下鉄、マルマライ、市街電車、フェリーなど市内の公共交通機関なら何でも乗りこなしています。近隣の人々は、いろいろな所でボジとばったり出会うことがあって、その画像をソーシャルメディアでシェアしています。

ボジのツイッターのフォロワーは5万人を超えている。ツイッターやインスタグラムのメッセージでは、公共交通機関を利用する人々に安全のためのルールを守るよう呼び掛けている。

安全のために、ぼくはこの黄色い線を決して越えません。あなたも越えないで。

ボジを見つけたイスタンブール市民も、この犬との出会いをシェアしている。

フェリーにちょっとだけ乗って、カモメもちょっとだけ見たよ。

今日は忙しかったなあ。ファティの町からバイランバシャとバシャクシェヒルを過ぎて最後はウスキャダル。ぼくを知ってる人がいて、いっしょに自撮りしたよ。

ボジと出会った人たちによると、ボジはおとなしくしつけの良い犬だそうだ。

最近の中東・北アフリカの記事

注目の記事

コメントする

Authors, please ログイン »

コメントのシェア・ガイドライン

  • Twitterやfacebookなどにログインし、アイコンを押して投稿すると、コメントをシェアできます. コメントはすべて管理者が内容の確認を行います. 同じコメントを複数回投稿すると、スパムと認識されることがあります.
  • 他の方には敬意を持って接してください。. 差別発言、猥褻用語、個人攻撃を含んだコメントは投稿できません。.