Izumi Mihashi · 3月, 2009

数理情報工学専攻。メディアやコミュニケーション、脳機能に興味あり。
もっと詳しい自己紹介は GV日本語の舞台裏:GV日本語チームインタビュー(1)」 をどうぞ。
twitter
@IzumiMihashi/
現在スパムしか来ないので、フォームから送付されたメールは読まずに自動削除しております。グローバル・ボイスの記事に関する連絡は恐れいりますがGV日本語共有アカウントからどうぞ。

Eメール Izumi Mihashi

最新の記事 Izumi Mihashi from 3月, 2009

メキシコ:Youtubeシンフォニーオーケストラに二人音楽家が選ばれる

YoutubeシンフォニーオーケストラはYouTubeのビデオを通して行われたオーディションによるソーシャルメディアを使った共同プロジェクトであり、演奏者は音楽家とYouTubeのユーザーによりふるいかけられている。先日Youtubeはシンフォニーのメンバーを選出した。中国人の作曲家の譚盾がこのプロジェクトのために書いた曲を演奏するためである。譚盾は『グリーン・ディスティニー』や『Hero』などの映画の曲を書いており、インターネット交響曲第一番「エロイカ」の作者でもある。この曲はニューヨークのカーネギー・ホールでプロ・アマチュア総勢90人のさまざまな国の作曲家に演奏された。

アメリカ:刑務所からブログを発信

本を読む・トランプで遊ぶ・新しいスキルを習得するなど、元受刑者のSam StanfieldはEzine@rticleで刑務所行きに対処するさまざまな方法を提案している。しかし、アメリカの成人のうち1%を占める受刑者にとって、もう一つの気晴らしはいまやブログを書くことだといえるかもしれない。コンピュータを使える外の人間を通せばよいのだ。

パラグアイ:ヘチマとプラスチックで家ができる

パラグアイ人のイノベーターであるElsa Zaldivarは、女性の世帯主にヘチマの実を加工して風呂用のたわしとサンダルにする訓練を行い、さらにこの野菜でできたスポンジの残りとリサイクルのプラスチックを混ぜて壁の材料となる丈夫な素材にする、というプロジェクトにより、2008年のロレックス事業賞を受賞した。この技術を用いれば、木製の板をプラスチックの複合物の代わりに使うことで森林を救えるかもしれない。

アメリカ:愛と国のための結婚

愛のためにしろビザのためにしろ、結婚するかどうか決めるのはけして簡単ではない。米国では、1200万以上もの人々が「不法に」移民として滞在している。一つの方法として、アメリカ人と恋に落ち結婚すれば、この法的身分を解消できる。