これらの記事は、GVプロジェクトGV アドボカシーに掲載されたものです。

GVアドボカシーは、GVのサイト上で、検閲やオンラインでの発言の自由に関する活動をしています。詳細についてはGVのプロジェクトをご覧ください。

RSS

記事 GV アドボカシー

ツイッター本社前で「ヘイトスピーチ」を踏みつけて抗議 

ボランティアの団体が、差別的なツイートを足で踏みつけるなどして、ツイッター本社前で抗議のデモを行った。

40年間続いた反共産主義の香港誌 廃刊へ

「書きたいことがあるのに、どこにも書けない。こんな時代に私は何を語ることができるでしょうか」

中国:新たな規則ではSNS上で情報をシェアするにも許可が必要

「すべてのコミュニケーションツールを削除せよ。さもないと発言したらいつでも法律違反になり得ると言われているようだ」

チャーリー・チャップリンがタイの脅威に!? ブロックされた「独裁者」

チャップリンの口を封じるタイ軍事政権。これぞ、こっけいなほど常軌を逸した独裁国家だ!

アリペイの新アプリは、個人情報を悪用して中国の格差を広げている

アリペイは、いくらSNS事業に進出したくても、恥知らずと後ろ指を指されたくなかったらもっとマシな手段を選ぶべきだ。

世界を揺るがしたワナクライ、全球での感染数の半分以上を占めた中国、その理由

中国は、「ワナクライ」として知られるランサムウェアの被害を最も大きく受けた国だといえる。清華大学、北京大学、上海交通大学、山東大学など全国の大学がランサムウェアに感染し被害を広めた。膨大な数の学生論文と研究プロジェクトの資料が暗号化されてしまい、使い物にならないという。

中国人科学者達が再度グレートファイアウォールに反対を表明

「……1ページ表示するのに10から20秒かかる。大学のサイトにアクセスするのに30分以上かかる場合もある。」

自由を求めるイラン人活動家たちに、ハッカーの魔の手が迫る

国家の支援を受けたとされるハッカーたちが、イラン人人権活動家のオンラインアカウントに不正アクセスを試みる事件が増えている。Androidスマートフォンの脆弱性を利用したものだ。

ISIL宣伝機関に立ち向かうネット市民の抵抗

大企業と政府の試みと並行して、多くの独立機関と人々がISILのオンライン活動に対する戦いに尽力している。

​​エクアドル:ツイッター上で政府の縁故主義を批判した政治家が15日間の収監

エクアドル政府機関への縁故登用が行われているとするツイートを発した政治家が15日間、収監される。