記事 市民メディア

地下鉄やバスでイスタンブールの街をめぐるストリート・ドッグ登場

ストリート・ドッグのボジは、公共交通機関を利用して街を探検し、自由な生活を楽しんでいる。さらにツイッターやインスタグラムのアカウントまでもっているという噂のボジに会いに行こう。

アゼルバイジャン:パンデミックがもたらす障がい者の厳しい現状

コロナによる規制が導入されて以降、公立のリハビリテーションセンターが閉鎖され、障がいを持つ人々は治療が受けられず、さらに障がい者年金受給ための手続きができないなどの不利益を被っている。

 タリバン政権下で苦境に追いやられるアフガニスタンの女性たち

タリバンがカブールを奪還した今、アフガニスタンは女性の権利を認めない社会に逆戻りしていった。先が見えない将来にも関わらず、アフガン女性たちは困難に挑戦していく。

トルコで相次ぐ自然災害 山火事、干ばつ、洪水、将来は地震の可能性も

昨今の自然災害と政府の対応の弱さから、多くの人々が疑問に感じていることがある。将来イスタンブールで起きるかもしれない地震という最悪の災害に、政府は対応する準備が出来ているのだろうか。

デジタル時代の先住民言語のゆくえ マレーシア・ボルネオ島・サバ州で探る

先住民言語は陳列棚の中の骨董品ではありません。私たちの言葉や文化は、テクノロジーの力でもっと活性化することができます。

「女性だからと夢をあきらめないで」トルコ人航空宇宙エンジニアは語る

ジョージア工科大学(米国)で研究員として働く30歳の女性科学者ギョクチン・チナーシュへのインタビュー

セントビンセント島インディアンベイ 青き、美しき海に今も息づくサンゴ

湾内の主要なところでサンゴ礁が再生していくのを私は目の当たりにしているのです。皆が何らかの形で実際に意識的に努力をすれば、何ができるか想像してみてください。

クレヨンの「肌色」からアイデンティティ、人種問題を考える

「ブラジルの教育学者グラディス・ケルシェル:子どもが絵を描くときに、一人一人の肌の色を表現できるよう工夫した教材を生み出した教授が、完成までの経緯と研究者としてのあゆみを語る」

コソボの女性登山家 8000メートル峰に挑戦中 山仲間が全面サポート

コソボ出身の登山家ウタ・イブラヒムは、男女共同参画や環境問題の啓発にも取り組んでいる。登山中の危険に満ちた体験や、啓発活動中に遭遇した問題点などをグローバル・ボイスに向けて語ってもらった。

エベレストの標高が改訂される 同時にネパールへの観光が解禁 観光客増加に望み

ネパールと中国が協力して行った測量の結果、世界最高峰の標高が86センチ加算されることとなった。