See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

· 5月, 2011

記事 市民メディア from 5月, 2011

2011/05/25

デンマーク:論争の的、国境検査の再施行

デンマークの国家主義的右翼政党であるデンマーク国民党(Dansk Folkeparti/DF)は最近、ドイツとスウェーデンとの国境における検査を再導入すると発表した。コペンハーゲンの中道右派の少数与党政府はそれに従い、法案は可決された。このニュースに対して、デンマークのネットユーザーから反響が寄せられている。

ナイジェリア: テクノロジーは2011年の選挙に影響を与えるか?

ナイジェリアの新大統領を選ぶ選挙が2011年4月16日に行われる。この選挙は2011年4月9日に実施される予定だったが、運営に支障が生じたため延期されていた。本投稿では、ナイジェリア人が選挙の透明性、政治参加、グッドガバナンスの向上のために、どのようなテクノロジーを使ったかを見ていく。

2011/05/19

日本:生きる意味を模索する

詩人の谷川俊太郎による、人生の意味を探る有名な詩「生きる」が、今何をするべきか模索する多くの日本人のブログに投稿されている。

サウジアラビア:「運転禁止法」に挑んだジッダの女性

サウジアラビアでは、女性の運転は許可されていない。ジッダに住むある女性が、車を運転して自分の子供たちを学校まで送り、運転する権利を主張した。その行為についての議論が、ネット市民の間で起きているが、 Najla Hariri の英雄的な功績に拍手を送っている人が多い。

2011/05/17

水問題で国際ブログコンテスト

European Journalism Centerは3カ月間にわたる国際ブログコンテスト、TH!NK5を開催した。テーマは水問題だ。40に及ぶ国々のブロガーたちが参加し、優勝賞品のリスボン(ポルトガル)旅行をめぐって競争を繰り広げた。 優勝を獲得したブロガーたちの投稿の中から、人気の高かったものを紹介する。

2011/05/12

韓国:驚きの選挙、ツイッターが若者を投票に向かわせる

韓国与党のハンナラ党が、4月27日に投票が行われた補欠選挙で惨敗した。幅広い改革の必要性を訴え、これからの政治展望として、ツイッターパワーの到来を多くの人に告げてもいたのだが。多数の若者が、有権者が投票したことを証明するため、投票所から写真をアップロードし、投票を広く呼び掛けた。

2011/05/11

香港:粉ミルク不足で混乱

香港は2010年12月以来、乳児用粉ミルクの不足に直面している。本土中国からの客が香港で大量に購入し、旧正月の休みを前に備蓄しているからだ。地元香港の親たちは、政府による介入を求めた。彼らが提案するのは、粉ミルクが転売を目的に本土へ運ばれるのを防ぐための「粉ミルク出国税」だ。

2011/05/10

セルビア:日本からの支援に恩返し

日本からセルビアへの援助の恩返しとして、先日の地震と津波の災害による日本の被災者を支援したいというセルビア人の活動について、Sasa Milosevicがリポートする。

2011/05/06

シリア:数千人におよぶホムスでのデモ(映像)

弾圧があるにも関わらず、シリアでのデモは継続中である。数えきれないほどの映像がウェブ上に配信され、アサド政権打倒を求めるデモの様子が映しだされた。これはホムスでの映像の一部である。

2011/05/01

ウクライナ:論争に火を付けた「スターリン・ティー」

ウクライナでは、過去の共産主義に対する最近の意識があいまいなことから、製造業者につけ込まれるすきをしばしば与えている。Tetyana Bohdanova は、 ヨシフ・スターリンの名前にちなんだお茶の販売を巡り、ウクライナのネット市民の間で熱い論争が起きていることを報告している。