· 7月, 2007

記事 環境 from 7月, 2007

この記事を読む。

日本:柏崎刈羽の現場から

  2007/07/29

7月16日、世界最大の原子力発電所である柏崎刈羽原発の変圧器が、その真下を通っているという断層を震源とする大地震により発火し黒煙を上げた。一方、他の原子炉にある燃料貯蔵プールの中では、高さ1メートルの波が1メートル近くある手すりを超えてあふれ、微量の放射性物質をふくんだ水が海へ排出された。