· 12月, 2012

記事 言論の自由 from 12月, 2012

ジャッキー・チェン:「香港は抗議の都市になってしまった」

俳優でカンフースターのジャッキー・チェンの発言が香港で物議を醸した。インタビューで「香港は抗議の都市になってしまいました。人々は中国政府とその指導者たちに批判の声をあげます。気に入らないことは何にでも不満の声をあげ、あらゆることに抗議します」と語ったのだ。

台湾:学問の自由が企業の訴訟で脅かされる

国立中興大学環境工学科教授の Ben-Jei Tsuang (荘秉潔)博士が大企業の一つ、台湾プラスチックグループ(台塑集團、FPG)による名誉棄損訴訟の最も新しい犠牲者である。この訴訟には訴訟費用の負担を与え続け、批判するものを検閲し、おどし、だまらせるという意図がある、と荘博士の弁護団は考えている。現在の台湾における名誉棄損の刑事訴訟は国際規約に違反している、と示唆する法律専門家も多い。

グローバル・ボイス・アドボカシーの新しいディレクターに、Hisham Almiraatが就任

グローバル・ボイス・アドボカシーに、新しいディレクターとしてHisham Almiraatが就任することになった。Hishamは長い間グローバル・ボイスに関わってきたメンバーであり、受賞経験のあるブロガーでもある。世界中のデジタル・アクティビズムについて幅広いネットワークを持っていると同時に、医師としての活動も行っている。私たちは彼の就任を歓迎する。

アゼルバイジャン:自由なネット社会の実現を目指して

インターネットガバナンスフォーラムが今年は、旧ソ連アゼルバイジャン共和国の首都バクーで開催された。同じ日に、アゼルバイジャンの若き活動家として有名な元政治犯のエミン・ミリが、アゼルバイジャン、イルハム・アリエフ大統領への公開質問状を発表した。