See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

記事 先住民

2019/09/18

ネパールで唯一の民俗楽器博物館が珍しい楽器の保存に苦戦

ネパール唯一の民族楽器博物館が研究者や来館者の減少の中で立ち退きの危機に直面。設立者であり学芸員のラム・プラサド・カデルにグローバル・ボイスが直撃インタビュー。

2019/07/07

先住民族言語がロックで生き残り!ーディジグロットのニュースレターより

ライジング・ヴォイセズ

ライジング・ボイスのディジグロット・ニュースレターが伝えるオンラインを活用した先住民族言語の生き残り作戦ーウェールズ、北ケベック、マリ共和国、北オンタリオから

消えていくのではなく消されていくメキシコ先住民の言語

架け橋

メキシコ市民になるために先祖から受け継いた言語を捨てるよう強要された先住民の苦悩と戦い

2019/07/03

インド : 「ヤク飼い」シッキムの地で消えゆく生業

インド北東部シッキム州で消滅しつつある生業、ヤク飼い。時代の移り変わりとともに彼らは今、様々な逆境に立たされている。

2019/04/21

メコン川流域:民間説話や言い伝えを役立て環境保全へ

ライジング・ヴォイセズ

地域に伝わる『人々の物語』を守り、活かすことで、メコン川流域に起こりうる変化に順応してゆく道を探ったり、あるいは、抵抗したりしてゆく方策にもなるだろう。

2019/04/06

ボリビア初、アイマラ語でセキュリティアプリが利用可能に

ライジング・ヴォイセズ

「言葉は自分たちのアイデンティティ。言葉を失えば、伝統、文化、歴史、先人の知恵……すべてを失うことになる」

2018/08/25

フィンランド:トナカイと生きるサーミの女性が気候変動の脅威に立ち向かう

「トナカイの遊牧を抜きにして人生を考えるなんてできません」

2018/03/22

グアテマラ:特許によるマヤ織物の保護を

架け橋

「私たちマヤの機織り職人の仕事は、正当に評価されてきませんでした。むしろこれまで、技法やデザインの盗用や商業化が進められてきました」

2018/03/14

121年を経て、先住民が建てた劇場で初めてその子孫が歌を披露

ティクナ族が地域を追われるきっかけとなったテアトロ・アマゾナスで、子孫がその舞台に立った。

2018/02/01

ヨーロッパ最北の地:気候変動の最前線

「私たちが残してきたものに、心を向けなくてはならないのです。代償を払うのは、私たちサーミ人だけではありません。私たちはこの地球を滅ぼそうとしているのです」