記事 言語

リバイバルはメキシコ的に!ロシアの大衆版画芸術

忘れられたロシア大衆版画をメキシコ流に再現しようとする版画家、アレハンドロ・バレートとの対話

先住民族言語がロックで生き残り!ーディジグロットのニュースレターより

ライジング・ボイスのディジグロット・ニュースレターが伝えるオンラインを活用した先住民族言語の生き残り作戦ーウェールズ、北ケベック、マリ共和国、北オンタリオから

消えていくのではなく消されていくメキシコ先住民の言語

メキシコ市民になるために先祖から受け継いた言語を捨てるよう強要された先住民の苦悩と戦い

メコン川流域:民間説話や言い伝えを役立て環境保全へ

地域に伝わる『人々の物語』を守り、活かすことで、メコン川流域に起こりうる変化に順応してゆく道を探ったり、あるいは、抵抗したりしてゆく方策にもなるだろう。

ボリビア初、アイマラ語でセキュリティアプリが利用可能に

「言葉は自分たちのアイデンティティ。言葉を失えば、伝統、文化、歴史、先人の知恵……すべてを失うことになる」

ネパール固有言語 自由に話せるのはわずか2人 新たに辞書が編纂される 消滅の危機回避の可能性 

ネパールのクスンダ語は消滅の危機に瀕している。この言語を話す人は、ほんのわずかになってしまった。この度、クスンダ人の歴史・文化に関する本が新たに出版された。このことにより、クスンダ語は消滅を免れるとの期待が寄せられている。

ネパール:消滅危機にあるクスンダ語最後の話者 ギアニ・マイヤ・センを訪ねて

ネパール中西部で話されているクスンダ語は消滅の危機に瀕している。グローバル・ボイスはクスンダ語の最後の話者の1人、ギアニ・マイヤ・センと話をする機会を得て、彼らの文化や伝統を教わった。

フィリピンのクレオール言語、チャバカノ語を紹介するブログが誕生

もっと積極的に保護する努力をしないと、いつか、チャバカノ語が家庭内でしか話されなくなる日が来てしまう。

サッカー・ロシアW杯で、メキシコサポーターの差別的チャントが反則をとられトラブルに!

メキシコサポーターの同性愛差別的チャント「エエエエエー、プXXX」がFIFAの規則違反に問われ、メキシコ代表チームに深刻な問題を引き起こした。

自らの言語スコルト・サーミ語の存続に力を入れるサーミ人女性

ノルウェーやスウェーデン、ロシアそしてフィンランドに居住する先住民族サーミ人は、大人も子供も自分たちの母語であるスコルト・サーミ語を熱心に学習している。最終目標は、スコルト・サーミ語が日常生活で普通に使われる言語になるようにすることである。