See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

記事 抗議

2018/10/16

アルゼンチン:#MacriTips -ケチすぎる大統領はツイッターで大人気

「ガスや電気がなくても、火を起こせる方法を教えてあげよう。木の棒を持って手でこするだけだよ」。事の発端はこの皮肉なミームだった。

2018/10/07

インドで燃料価格高騰: 生活逼迫で国民は減税求める

原油価格の世界的な上昇を背景に、石油需要の8割を輸入で賄うインドの燃料小売価格は高騰、国民は悲鳴を上げている。

2018/08/09

シドニー・ゲイ・アンド・レズビアン・マルディグラ:40年前に台無しにされた「元祖プライドマーチ」を祝う

40年前の屈辱から現在まで歴史を刻んできた人々に感謝。ついに色鮮やかなイベントがよみがえった。

2018/07/17

日本の労働者を苦しめ続ける「パワハラ」と「過労死」とは?

日本社会にはびこる「パワハラ」が大きな社会問題になっている。言葉による嫌がらせ、精神的虐待、無給のサービス残業、そして働き過ぎによる「過労死」と、労働者は日々、身体と精神をすり減らせている。

2018/06/09

アフガニスタン紛争による惨劇の真っただ中、地方で生まれた平和運動に注目が集まる

「座り込み抗議の目標はただ一つ。双方からの戦闘を止めることです。タリバンは爆破テロ犯を出すべきではないし、政府もタリバンに爆弾を落とすべきではないでしょう」

2018/05/12

インドネシア:ジョコウィ大統領が国民を先導し、米大統領のエルサレム首都宣言に反対表明

「トランプ大統領は米国と世界を、宗教的過激主義の最前線に引きずり込んでいる」

2017/12/28

スカーフが意味することは? バングラデシュのロボットレストランが議論の的に

「ロボットがスカーフをしていても驚きませんでした。ここでは一般的なことでしょう?」

2017/12/23

シンガポール:移民労働者の死刑執行を悲しむキャンドル集会 警察が参加者を捜査対象に

無実を訴えながらも死刑がまもなく執行される人のために開いた非暴力的な集会。それが「違法な集会」と見なされ警察の捜査対象になった。公共の秩序と集会の自由、それぞれの意義について再考すべき時ではないか。

2017/10/29

ケニア:ガーディアン紙のある記事では伝えていないライキピアの真実 

架け橋

牧畜民の暴動に抗い自然環境を守ろうとするイタリア出身の女性の記事が、ガーディアン紙に掲載された。しかしケニアの複雑な真実は伝えられていない。