· 12月, 2007

記事 宗教 from 12月, 2007

スーダン:テディベア騒動の余波

驚くほどのことではないが、1か月ほど前、スーダンのブロゴスフィアの主な話題と関心は、メディアから大きな注目を集めたテディベア騒動だった。

アラブの目:イードゥル・アドハー(犠牲祭)

世界中のイスラム教徒が、イブラヒム(アブラハム)が息子イシュマエルをアッラー(神)に生け贄として捧げると了承したことを称えるイードゥル・アドハー(犠牲祭)を祝っている。

モロッコ:モグレブでのクリスマス

モロッコは主としてイスラム教国であり、まだ12月の第2週目ではあるが、少なくともモロッコの外国人ブロガーたちの間では、クリスマスの気分が漂っているようだ。

イスラエル:光の祭、文化の戦い〜ハヌカー

ユダヤ教の祝日であるハヌカーには、イスラエル文化とアイデンティティー感覚の問題に関する興味深い歴史的価値がある。ハヌカーは、紀元前165年ごろに起きたギリシャ人との一連の戦いで古代ユダヤ人が勝利したことを祝うものである。