See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

記事 ミャンマー (ビルマ)

2016/07/25

ミャンマーの主張:「世界にはロヒンギャという単語を使わないで欲しい」

ミャンマーは多民族国家で 多くの少数民族が暮らしている。けれどもロヒンギャはそれにあたらないと強く主張する人たちが国内にはいる。

2016/07/06

エルニーニョ現象の影響でミャンマーの高地が深刻な水不足に

「2ヶ月前に我々の村の近くの湖が干上がった。昨年は、3月までそこから水を使用することができた。」

2016/07/05

ヘイトスピーチへの反撃、ミャンマーで始まる

GV アドボカシー

インターネットにあふれるヘイトスピーチを憂慮した人たちが、反攻ののろしをあげ始めた。No-Hate Speech Project はミャンマーでフェイスブックにあふれる差別や対立をあおる投稿の出どころを突き止め、調査、反論していく運動だ。

2016/02/08

ミャンマー:最後の王都、朝もや煙る夜明け

ミャンマーの写真家のゾーゾーは、最後の王朝の都、マンダレーで美しい夜明けの瞬間をとらえた。

2015/12/01

友情に宗教・民族は関係ない。ミャンマーで行われている、新しいセルフィーの活用方法

「彼はシークで私はムスリム。でも友達よ。違いはあるもののそれぞれの意見や信念を分かち合い、お互いのアイデンティティの違いを認め、尊重しているわ」

2015/11/10

ミャンマー北部出身のカチン族の難民に会いに行こう

「この国内避難民のキャンプ上で幸せな瞬間はありません。私たちは皆生きるために戦っているし、生き延びることに精一杯です」

2015/08/04

ミャンマー難民の子供たち、絵画を通して体験を語る

ライジング・ヴォイセズ

ビルマ難民の若者たちを対象に、自由に絵を描きそれについて語る「ビジュアル・ストーリーテリング・ワークショップ」が何度か開催されている。主宰者の米国人作家エリカ・バーグは、そこで描かれた子供たちの芸術作品をまとめ、本を出す予定だ。

2015/07/04

ミャンマー:村民が、村民のために考え描く、村民の未来図、ビレッジブック

ライジング・ヴォイセズ

「私たちが村で本当に必要としているのは何?水?それとも電気?どのように実現するの?」絵地図を作りながら自分たちで考える村の未来図、ビレッジブックを紹介します。

2015/05/23

ミャンマー:言葉に花を!ヘイトスピーチに立ち向かうパンザガー運動

人に会ったり、改まった時に身につける生花。花のあふれる土地ならではの習慣。 ならば、言葉にも花を添えて、改まった気持ちで相手と話そう。 フェイスブックにあふれるヘイトスピーチに悩むミャンマーからのレポートです。

2015/05/16

ミャンマー:人権と平等を推進するアニメ動画5作品

ミャンマーで制作された5つのアニメ動画。人権について誰にでも分かりやすく描かれており、他の国でも人権教育や人権推進活動の支援に有効利用できそうだ。