記事 ミャンマー (ビルマ)

「3本指サイン」アートはミャンマー民衆への連帯の証

ミャンマーの民主化を支援するため、世界中から「3本指サイン」アートが送られてくる。 「誰かに会ってお互いに3本指サインを交わしたら、この運動が続いているという証です。まだまだ望みはあります」

ミャンマーの仏教徒がラマダン期間中のイスラム教徒に白いバラを捧げる

「ミャンマーに、宗教的過激派の居場所はない」

ミャンマー: ヒスイ鉱山の地滑りにおびえながら生きる

地滑り事故発生後も、77世帯が危険地帯から避難できずにいる。

フェイスブックが謝罪 習近平中国国家主席の名前を「ミスター肥だめ」と誤訳

アウンサンスーチー氏の公式Facebookページが技術的ミス

ミャンマー:象の孤児院

ミャンマーの野生の象は密猟による深刻な危機にさらされており、その被害は1週間当たり1頭の象が殺されるという懸念すべき頻度に達している。

ミャンマー、おいしいタケノコはどこから?

ポーラはアラカン山脈のふもとに住むタケノコ取り。その1日を写真で紹介する。

「ボイス・フォー・モモス」キャンペーン ミャンマーで最後に残ったゾウを守ろう 

現在、ミャンマーに生息する野生のゾウは1400~2000頭だと推定される。年々減少していくゾウの危機を訴えるキャンペーンが行われた。

ミャンマーの灯祭りを彩る、タウンジーの熱気球コンテスト

夜空に上がる熱気球は幻想的。タウンジーの熱気球祭。

砲火を逃れ極寒に苦しむ。ミャンマー北部カチン州の避難民

カチン独立軍とミャンマー国軍の衝突が再発し、2000人の避難民が発生、国境沿いの避難所で寒さに苦しみながら暮らしている。

アニメが告発するミャンマーの児童労働と若年女性問題

人々が現実を見て、感じて、こんな社会を変えいきたいという意欲をかき立てるために、アーティストの果たしていく役割は重要です。