記事 東アジア

フェイスブックが謝罪 習近平中国国家主席の名前を「ミスター肥だめ」と誤訳

アウンサンスーチー氏の公式Facebookページが技術的ミス

フィリピン、タール山が噴火

タール山の噴火により、バタンガス州およびカビテ州の住民あわせて3万人以上が影響を受け、避難生活を余儀なくされた。

キャセイパシフィックを襲う「白色テロ」:ソーシャルメディア上で香港民主化抗議デモ支持の客室乗務員労働組合委員長を解雇            

「これは、私だけに限りません。業界全体の問題であり、香港の問題なのです。いつこの白色テロは終わるのでしょうか?」

リリー・サティッタナーサーンの主張ータイでプラスティク汚染と戦う12歳の少女

環境問題に無理解な大人たちに発信を続け、危機に瀕しているタイの環境を守ろうと立ち上がった12歳の少女の主張

カンボジアのコミューンでHIVがアウトブレイクしてから5年、忘れられた村

エイズがアウトブレイクしてから、カンボジアのとある村には国内外の注目が集まり、支援の輪も広がった。だが、あれから時が経ち、今は誰からも忘れ去られたような状態だ。

東南アジア各国の気候マーチの様子

この東南アジアの抗議行動で取り上げられた問題は、大規模な採掘、ヘイズ(煙霧)による大気汚染や、従来からの化石燃料への依存など、多岐にわたった。

ミャンマー:象の孤児院

ミャンマーの野生の象は密猟による深刻な危機にさらされており、その被害は1週間当たり1頭の象が殺されるという懸念すべき頻度に達している。

中国検閲の歴史:天安門での虐殺から30年

中国共産党のネットの自由に対する規制は天安門事件の記念日が近づくにつれ強くなるが、ネット市民たちは巧妙な方法で検閲を免れようとする。

「憎らしい(アボミナブル)」映画、3カ国にて上映禁止。中国が主張する海上領域の描写に反発。

アニメ映画「アボミナブル」が、南アジア各国で論争を呼び、上映の中止が相次いでいる。中国が独自に主張する海上領域が、映画の中で地図上に描かれているというのが理由だ。

香港の大学キャンパスが3日間の抗議活動中、戦場と化す

伝統的に民主化要求運動など学生の政治活動が盛んな香港中文大学では、一部の抗議者が大学付近の道路を封鎖するバリケードを築いたことから、11月11日から3日間、警察隊と抗議者との間で衝突が起きた。キャンパス内は催涙弾と火炎瓶の応酬が激しく続き、あたかも戦場と化した。