記事 シンガポール

シンガポール政府 コメの摂取制限を勧告 糖尿病との関連性示唆 

コメは、砂糖よりも糖尿病を引き起こす危険性が高いのだろうか。シンガポールで、コメ対砂糖の議論が沸騰している。

シンガポールは、都市か、国か?

シンガポールが独立国家として認識されている今、この質問は、ばかげていると思うかもしれない。しかし、シンガポールの法務大臣であるK・シャンムガム氏はシンガポールは都市として扱われるべきである、と述べた。この発言は、その後、インターネット上で論争を引き起こしていく。

シンガポール:午後10時半以降、公共の場での酒類の販売と飲酒を禁止

「飲酒行為に関する苦情が多く、酒類の販売規制はやむ終えない」とする政府。一方で、規制は過剰であり、外国人労働者に対する差別的な適用がみられるという声も多い。

ピンク・ドット2015 : 2万8000人が性的少数者 (LGBT) の権利を主張

「誰にでも愛する権利、自分らしく生きる権利があると信じている」

シンガポールでLGBTを支援するビデオ放送禁止へ

シンガポールで同性婚についてのビデオが禁止されたまさにその日にアイルランドで同性婚が認められることになったなんて、なんて皮肉なんでしょう。

フォトグラファーが見せる。シンガポール満員電車の現状。

「カメラは自分が今まで見逃していたシンガポール交通機関での人々の日常姿を見るチャンスをくれました。」

ヤシ油はどうしてこれほどの問題となったのか。その対処法はあるのか

ヤシ油の生産は環境へ壊滅的な影響を与えている。この問題を解決するのは難しい。しかし、解決策はあるのだ。

シンガポールとマレーシアの「通行料戦争」に悲鳴を上げる利用者たち

ジョホール・シンガポール・コーズウェイの通行料は、マレーシア、シンガポール両国の値上げ合戦により、突然、4倍に跳ね上がった。

ゲイのペンギン2匹の子育てを描いた絵本、シンガポールの図書館で閲覧禁止に

シンガポール国立図書館は、たった一件苦情が入っただけで、同性カップルをテーマにした児童書3冊の閲覧禁止を決めた。図書館はこれを「家族主義」に基づいた判断と言うが、読書好きのシンガポール人には納得できない。

シンガポールのポスター運動、肉の消費に罪の意識を

シンガポールのベジタリアン協会が、人々に肉の消費について考えさせるためにポスター運動を展開した。