· 10月, 2011

記事 アメリカ from 10月, 2011

アメリカ:偉大なるコンピュータ科学者 デニス・リッチー氏 死去

コンピュータサイエンスの巨匠、デニス・リッチー氏が、2011年10月8日、世界発展への多大なる影響を遺し、ニュージャージー州の自宅にて亡くなった。70歳だった。リッチーは、プログラミング言語の中でも最も広く使われるもののひとつである、C言語の開発者であった。

アメリカ合衆国:「ウォール街を占拠せよ」デモがニューヨークの金融地区の中心を乗っ取る

ニューヨーク市の金融地区で、カナダの団体 アドバスターズとハッカーグループ、アノニマスに支持され、「 ウォール街を占拠せよ / Occupy Wall Street (ツイッターでのハッシュタグは #occupywallstreet ) 」グループが平和的な抗議活動を行っている。

米国:ヒスパニックの貧困率が上昇

米国経済は遅々として好転せず、再び景気低迷期に陥ってしまったように見える。最新の国勢調査結果によると、貧困率は15.1%、つまり4600万人を超える米国民が貧困層に入るという。特にヒスパニックを中心としたマイノリティーが景気減速の影響を大きく受けている。