· 6月, 2012

記事 南アジア from 6月, 2012

パキスタン:少数民族ハザラ人、襲撃される

近年、バロチスタンでハザラ人をターゲットとした暴力行為が増加している。イスラム分派の武装組織Lashkar-e-Jhangviは2012年までにハザラ人にパキスタンを去るよう、脅しのパンフレットを配っている。

パキスタン:ハザラ人虐殺―世界はなぜ黙り込んでいるの?

パキスタンのハザラ少数民族は、ここ十年間、過激派テロリストの一派から、宗派が違うことで暴力を受けたり、殺害の標的とされ苦しんでいる。ネチズンたちは、犯人がなかなか 捕まらないことや、この件に関し、世界が沈黙を押し通していることに抗議している。

バングラデシュ:夢の馬車―スラムの子供たちに学校を

ある若者の団体が、恵まれない子供たちのために、教育の場を提供することに決めた。学校の名は「夢の馬車」。団体は、教育が、貧困を軽減するための強い味方であると考えている。