· 8月, 2013

記事 インド from 8月, 2013

インドで児童二十数人が毒入り給食を食べ死亡

2013年7月16日、インド東部ビハール州の公立小学校で、4歳から12歳の児童22人が汚染された給食を食べたことにより、死亡した。インドの給食を取り巻く政治問題について取り上げる。

インド:太陽光分野、政府の詐欺事件に巻き込まれる

芽を出しかけていたケーララ州の太陽光エネルギー市場は台無しにされることになった。政府官僚が関与する広範に及ぶ詐欺事件として論争になったのである。