· 5月, 2008

記事 サハラ以南アフリカ from 5月, 2008

アンゴラ:ポルトガル語の言語改革

Gociante Patissa [pt]は、読者にポルトガル語の言語改革案について議論するよう呼びかけている。言語といえば、このブロガーは、アンゴラ中央高地地帯のオヴィンブンドゥ人が話すウンブンドゥ語の初めてのブログを始めた人物でもある。

Pangea Day(パンゲアデー):5月10日、ビデオで世界を変える

2008年5月10日グリニッチ標準時間18時、4時間におよぶイベントにて24作品のムービーが紹介される。今回のパンゲアデーのイベントの特色だが、ある目的をもとにイベントの模様をインターネット、テレビ、携帯電話を通して世界の6ヶ所から7ヶ国語で世界中に放送するという点。その目的とは、お互いの違いよりも、お互いを知り、その共通点にフォーカスを置いて共に世界平和に向けて取り組もうとすること。