記事 アンゴラ

新型コロナウィルス感染を抑制する規範となるガバナンスとは

世界のデータを考慮するならば、新型コロナウィルス感染対策の模範国とは、政治構造、所得、経済的理念の面で同様である必要はないかもしれない。

アンゴラのジャーナリスト、自身の受賞作「ブラッド・ダイヤモンド」が原因で裁判へ

言論の自由はどこへ!?アンゴラのジャーナリスト、自身の受賞作「ブラッド・ダイアモンド」が原因で裁判へ

アフリカ: 2012ネーションズカップ、キックオフ!

1月21日土曜日、赤道ギニアのバタでアフリカネーションズカップが始まり、3週間の過酷な大会が幕を開けた。ネーショーンズカップはアフリカで最も重要な国際試合である。

オンラインハイライト:2011年 ポルトガル語圏の国々より

2011年、ポルトガル語圏の多くの国々でブロガーや活動家が連携、情報を翻訳し、世界中のブログや市民メディアを通じて発表した。本記事では、昨年、グローバルボイスで取り上げたポルトガル語圏の記事から、ハイライトをピックアップする。

アンゴラ:ポルトガル語の言語改革

Gociante Patissa [pt]は、読者にポルトガル語の言語改革案について議論するよう呼びかけている。言語といえば、このブロガーは、アンゴラ中央高地地帯のオヴィンブンドゥ人が話すウンブンドゥ語の初めてのブログを始めた人物でもある。

アンゴラ:アフリカは大変、だから何?

「チャドは大変なことになっている。ケニアも同じだ。スーダンもだ。その次は中央アフリカ共和国だ。ダルフールの紛争で20万人の命が犠牲になり、200万人のが避難民となっている。ルワンダ、エチオピア、ソマリアはどうだ?でも、だから何だっていうんだ?実際、大切なのは今日エリゼ宮殿であったフランスのニコラ・サルコジ大統領と歌手で元モデルのカーラ・ブルーニの結婚式だ。」Orlando Castro [pt]は、国際社会はアフリカのことなど気にも留めていないと言っている。 (ポルトガル語)

ポルトガル語圏:子どもの生存率

ユニセフは、5歳以下の子どもの死亡率に関する年鑑を発表した。ブラジルを標準値、ポルトガルを「先進国」の域に入る唯一の国とすると、アンゴラ、ギニアビサウ、モザンビーク、サントメ・プリンシペ、東ティモール、カーボベルデでの死亡率は許容範囲をはるかに上回っている。Timor Lososae Nação [pt]に包括的な報告がなされている。 (ポルトガル語)