See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

最近の記事:

2019/07/02

ヨーロッパのおむつから学ぶもの

架け橋

ドイツに来て自由に情報源に接続できるようになって、私は批判的に物事を見るようになったことに気づいた。そして、「先進性」と「後進性」といった相対する事柄について考え直したり、トルクメニスタンと西欧それぞれの政治問題の再分析をしたりし始めた。

2019/07/01

国際宇宙大学学長インタビュー(後半)「宇宙は夢の世界」

「我々は、宇宙が対立の場となってしまうことを望みません。(中略)宇宙は子供たちにも、そして人類皆にも、夢を見させてくれるのです」(本文より)

2019/06/30

性的虐待、ハラスメントを撲滅せよ!トルコの大学キャンパスで抗議活動

「教授は私に襲いかかり......頭を床に3、4回打ち付けられ、私は意識を失いました。気付いて目を開けたとき、午前1時半でした。」

2019/06/29

これは「運命」なんかじゃない、私を殺したのは「男性優位の社会」

私たちは、エイビーのため、そして私たち自身のために集結する。人を人として扱わない性差別がはびこる社会に抗議するため。

2019/06/22

ムンバイ発 元ストリートチルドレンによるブックカフェ登場

「カフェの立ち上げ資金は、約3年間を費やして自叙伝を売って工面したよ。ストリートチルドレンにはいつでも扉を開いているし、彼らがカフェに来るのは大歓迎だよ」

2019/06/10

トリニダード・トバゴの復活祭を紹介 

カリブ海地域最南部の島国トリニダード・トバゴの復活祭の様子を垣間見る。

2019/06/09

京都:1929年の貴重な音声付き映像

映像作家ガイ・ジョーンズが編集・復元。1929年の京都の生活を音声付きの映像で伝える。

南アフリカ:子供の頃信じていたあんなこと? こんなこと!

オレンジの種を飲み込むと、お腹からオレンジの木が生えるって。

2019/05/25

国際宇宙大学学長インタビュー(前半)「宇宙ベンチャーで地球の暮らしはもっと豊かに」

現在、ISUの元学生は4600名以上おり、うち80パーセント以上が宇宙産業で働いています。(本文より)

2019/05/20

ネパール原産のツル性常緑樹「ソーセージアケビ」は、イギリスではよく名が知られているが故国ネパールでは無名

我々ネパール人は、多額の金を払って外来のアボカドやキーウイを栽培し食べている。しかし、我々は、外国人がネパールのジャングルから取っていった 美味な果物を商売の種にしていることを知りもしないのだ。