See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

ブラジル:民有地自然保護区は成功するのか?

全市民が環境保護に努めるべしというメッセージを伝えるために、ブラジル政府はすべての団体に環境に優しい行動をとるようにと奨励し、公害を規制するため各種パラメーターに制限を定め、環境ビジネスに投資するなど、さまざまな施策を展開している。政府はこれらの施策の一環として、民間の土地所有者や法人が国家自然保護区システム(SNUC)に参加できるような保全ユニットを新たに設立した。さらに、保全ユニットには借地の保護区を指す民有地自然保護区(RPPN)と呼ばれる種類のものがある。不動産登記所において RPPN に認定された土地の格付けが下がることはなく、この認定を得るためには、下に挙げたいづれかの条件を満たさなければならない。

  • 生物多様性の面で重要である
  • 景観の面で重要である。
  • 民有地自然保護区に認定されるだけの理由がある(絶滅の危機に瀕した種が存在する、生態系がかなり打撃を受けているなど)。
  • 50億ヘクタール近い私有地がブラジルの州法や連邦法により保護されている。一方で、この施策は土地の使用を制限もする。まず、保護の対象になった土地を開発することはもはやできない。また、土地の修復や維持を民間の投資によりまかなわなければならない。もう一方では、政府はRPPNプログラムに投資し、土地所有者が特定の財源を利用できるようにしている。開発は禁じられているが、観光旅行・科学プロジェクト・文化的活動・教育的活動などの新しい活動は奨励されている。さらに、土地に対する税が少し引き下げられ、土地所有者はNGOや環境ファンドからの金銭による援助を申請することができる。

    RPPNは多大な影響を社会に及ぼしている。自然のままに保全された景観は、バランスの取れた環境の大切さなど、環境問題の理解を助けてくれる。多くのブロガーがこの種類の保全地が増えていく過程で体験したことを伝えている。たとえば、Fernanda de Souza Pimentel は Pitaquinhos da Fernanda [ポルトガル語] というブログで環境保護主義者の父親が学校を昨年11月に訪れたときの様子を記している。

    “Hoje na escola onde eu estudo, a Escola de Educação Básica Nossa Senhora (Angelina, SC), aconteceu a 1ª amostra pedagógica do colégio.
    Meu pai foi convidado para palestrar sobre a RPPN Rio das Lontras e o seu trabalho pela causa ambiental. Alunos e professores foram convidados a assistir essa aula na sala temática do mundo animal, ensinando aos alunos o quanto o meio ambiente necessita de cuidados.”

    わたしの学校の第一次教育的発表(サンタ・カタリーナ州アンジェリナ)が今日ありました。私の父は RPPN Rio das Lontras について講義をし環境保護主義の活動家としての仕事を説明するために招かれました。生徒と先生は動物界にテーマを絞った授業を見て、環境に気を配ることがとても必要だと学びました。

    papaipalestrando5

    環境主義者が先生や生徒にバランスの取れた環境の大事さについて講義している様子

    2002年から、彼女の家族はサンタ・カロリーナの土地を所有している。2005年にその土地は RPPN Rio das Lontrasになった。この保全地にはブログがあり、Fernandaの両親のChrisとFernandoが運営している事業の内容を文書におこすために動物群のフォトアルバムを保存している。最近の投稿では、その土地で発見された鳥の種を分類している。一部の種は絶滅の危機に瀕しているが、彼らのおかげで鳴き声を聞くことができる。ブログで事業の進捗がつぎのように説明されている。

    base4Rio das Lontrasの簡素な家

    “A singela casinha que alugamos como base para abrigar outra equipe de pesquisadores tem ao fundo uma vista parcial da RPPN Rio das Lontras. … Aqui um aparelho de GPS e um medidor de temperatura e umidade aguardam na janela a hora de ir a campo;… O levantamento visual e auditivo foi o método utilizado em campo para a elaboração da lista de espécies da RPPN Rio das Lontras. Foram registradas 127 espécies na RPPN e em seu entorno imediato.

    私たちがほかの研究グループの基地にするために借りた質素な小さい家からは遠くにあるRPPN Rio das Lontrasの一部を眺めることができる。GPS装置一つと温度・湿度計測器がフィールド・ワークに備えて窓際に待機している。フィールドで視覚的・聴覚的な目録をとっていたので、RPPN Rio das Lontrasで発見した鳥の種のリストができた。127種がRPPNとその周辺に存在する種として登録された。

    saw-billed-hermit-folhaseca

    ノコハシハチドリRamphodon naevius)の写真。RPPN Rio das Lontrasに住んでいると報告されている種のひとつである。Nick Athanasの写真を許可のもとで掲載した。

    Tie do Mato Habia rubica

    ズアカアリフウキンチョウもRPPN Rio das Lontrasで目にすることができる。Geiser Trivelato の写真を許可のもとで掲載した。

    教師のThaiza Montineはコンテストの賞として学校ぐるみで教育・研究用途専門の保全地であるBenana Meninaに旅行に行った。下に引用した投稿 [ポルトガル語] で Benana Menina は写真を公開し、とてもわくわくしたと書いている。

    “Um passeio maravilhoooooso e extremamente produtivo, uma vez que, além da visita ao lugar também fomos agraciados com o Programa “Povos do Cerrado”, e tivemos várias palestras e aulas ministradas no meio da mata, envolvendo Meio Ambiente, Arqueologia, História de Goiás, Biologia e Gastronomia. Uma maravilha, realmente, de premiação!”

    木に囲まれた会議室

    木に囲まれた会議室
    すごーーーーく素敵で非常に生産的だったわ。訪問しただけじゃなくて “Povos do Cerrado” [熱帯のサバンナから来た人々] というプログラムに参加できたし、森の真ん中で環境、考古学、ゴイアス州の歴史、動物・植物相、料理様式についてたくさん講義を受けたの。ほんとうに素晴らしい賞だったわ。

    RPPNは保全地の周りにすむ人に対して教育的ですばらしい活動を育み、民間主導で環境問題に門戸を開き、生徒が自然の大切さを理解し可視化する手助けをしている。ブラジルのRPPNは世界的にも珍しい制度と思われているが、環境と人類は完璧に調和して共存できることを示した。

    コメントする

    Authors, please ログイン »

    コメントのシェア・ガイドライン

    • Twitterやfacebookなどにログインし、アイコンを押して投稿すると、コメントをシェアできます. コメントはすべて管理者が内容の確認を行います. 同じコメントを複数回投稿すると、スパムと認識されることがあります.
    • 他の方には敬意を持って接してください。. 差別発言、猥褻用語、個人攻撃を含んだコメントは投稿できません。.