See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

記事 宗教

2015/12/01

友情に宗教・民族は関係ない。ミャンマーで行われている、新しいセルフィーの活用方法

「彼はシークで私はムスリム。でも友達よ。違いはあるもののそれぞれの意見や信念を分かち合い、お互いのアイデンティティの違いを認め、尊重しているわ」

2015/11/16

僕にとってベイルートみたいに愛着のあるパリの街

架け橋

パリ襲撃事件の前夜、レバノンのベイルートでも40名以上が犠牲になる襲撃事件があった。レバノン人で、パリを第二の故郷と思う著者の独白。

2015/10/26

ミート・ザ・プリースト ーベネズエラの神父さん、ロックで魂に訴えるー

前代未聞のロックスター司祭。職服に身を包み、ロックビートにのせて熱く歌うエリアス神父の思い。

2015/08/17

性、宗教、政治:すべてが表現される女性一人芝居

ダーティー・パキ・ランジェリー:パキスタン系アメリカ人、アイザー・ファティマ演じる一人芝居のタイトルだ。そのタイトルすら物議をかもす。

2015/06/12

シャルリー・エブド襲撃後、はたして私たちは笑っていて良いのか?

言論の自由は守られなければいけないが、良心と崇拝の自由も尊重されなければならない。

2015/06/07

# IAm26 (26番目の署名者は私) ―― 宗教的不寛容さを批判する公開書簡がマレーシアで共感を呼んだ

マレーシアで、引退した元高級官僚25名がイスラム法の現在の適用のあり方を批判する内容の公開書簡を政府に提出し、広く反響を呼んだ。

2015/04/26

タイ北部の村、モスク建設に抗議する仏教徒住民

タイでは仏教徒が大多数だが、人口の約5%はムスリムである。北部ナーン県で起こった不寛容な抗議デモに、心を痛めるタイ人もいる。

2015/04/19

国際女性デー:その日、世界中で起こった様々なイベント

国際女性デーは当初、社会主義グループの主導によってはじめられ、女性労働者に焦点を当てていた。しかし、現在は世界中の異なった場所でそれぞれ特色のある日となっている。

2015/03/21

「サン=ドニの子たちはシャルリーじゃない」!? もう偏見はやめて!

シャルリー・エブド襲撃事件について、仏大手メディアが少数派民族の意見として掲載した内容に、一人の教師が反論の声をあげた。

2015/03/10

シャルリーはAhmedである、Ahmedはシャルリーである:フランスの悲劇の中で登場したハッシュタグ

ハッシュタグ#JesuisAhmedがトレンドに入り始めた。これは、銃撃犯がシャルリー・エブドを襲った時殉職した、イスラム系の警官Ahmed Merabetの名前だ。Ahmed Merabetは、守るべきフランスの市民とフランス国家を擁護して、フランスの市民として亡くなった。