See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

記事 戦争・紛争

2018/07/11

なぜ春はアフガニスタンに喜びと苦しみの両方をもたらすのか

ノウルーズおめでとう。今年が平和で調和のとれた年となり、また苦難の終わりの年となりますように。平和は必ずやってくる。誰もが固く信じている。

2018/07/10

ソマリアで広がる性暴力に今こそ終止符を!

ソマリアでレイプが疫病のように広がっている。政府が手をこまねいている中、女性と子供に対する性暴力は横行し、暴行事件の数は増え続けている。

2018/06/09

アフガニスタン紛争による惨劇の真っただ中、地方で生まれた平和運動に注目が集まる

「座り込み抗議の目標はただ一つ、双方からの戦闘を止めることです。タリバンは爆破テロ犯を出すべきではないし、政府もタリバンに爆弾を落とすべきではないでしょう」

2018/05/12

インドネシア:ジョコウィ大統領が国民を先導し、米大統領のエルサレム首都宣言に反対表明

「トランプ大統領は米国と世界を、宗教的過激主義の最前線に引きずり込んでいる」

2018/01/15

コロンビア : 「ゲリラの生活が好きだった」元FARC兵士の女性が語る

シオマラが銃を取りFARC (コロンビア革命軍) に加わったのは14歳のときだった。FARCを去った何千もの女性同様、シオマラはゲリラで過ごした日々の記憶と折り合いをつけようと模索している。

2017/11/28

シリア、アル・ウァエル ここを出るも残るも安住の地はない

引き裂かれていく家族たち。「父さん。許してくれ。こうするしかなかったんだ」

2017/11/23

アルゼンチン:「立ち直るため、再びあの場所へ」フォークランド紛争帰還兵が語る自らの過去

フォークランド紛争の帰還兵ミゲル・サヴァヘは、過去とどう向き合い苦境を乗り越えたのか。

2017/10/18

シリア、アル・ウァエルの人びとの行きつく先は

一度は反政府勢力の本拠となった地が、今や最後の拠点となった。退去を迫られる彼らとその家族を取り巻く状況とは

2017/10/17

最近の空爆による多数の市民の犠牲ーこれはトランプのアフガニスタン新戦略のいけにえか?

米軍のアフガニスタン空爆による市民の犠牲者は、国連によると、2017年前半で43%増加した。

2017/10/01

ジブラルタルを巡る西英戦争? ソーシャルメディア上では「まさか」の声

「なぜジブラルタルが欲しいんだ。右回りの円形交差点からもう抜け出せないなら、反対回りしかないじゃないか。」