See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

記事 政治

2016/01/17

タイで発行されたニューヨーク・タイムズ紙の1面に空白 軍事政権の影響及ぶ

「このスペースにあった記事はタイの印刷会社によって削除された。国際版ニューヨークタイムズとその編集者は同記事の削除について一切関知していない。」

2016/01/10

APEC首脳会議開催地のマニラで映画「ウォーキングデッド」の1シーンを再現

21か国の首脳がAPECに参加するため、マニラに集まった。セキュリティ対策のため、大きな道路は封鎖され、航空便はキャンセルされ、数千人もの居住者の生活が妨げられた。

2015/12/05

インドのスマートシティ構想による貧困層への影響とは?

インドのスマートシティ構想は、欧米に匹敵する近代的インフラを人々に約束するものだが、農民を犠牲にし、貧困層を締め出す構造だ、との批判がある。

2015/12/03

最弱の国、南スーダンに暮らす

架け橋

「『どうして南スーダンなんかに?』と聞かれることもあります。確かに、南スーダンのような場所は他にない。でも、そんな言葉では言い尽くせません」デンマーク出身のジャーナリストが、『世界一若い国』に滞在して感じたこと。

2015/12/01

友情に宗教・民族は関係ない。ミャンマーで行われている、新しいセルフィーの活用方法

「彼はシークで私はムスリム。でも友達よ。違いはあるもののそれぞれの意見や信念を分かち合い、お互いのアイデンティティの違いを認め、尊重しているわ」

2015/11/28

パリ同時テロ後、アフリカから上がる疑問の声:「命の価値は平等か?」

世界の同情がパリに集まる中、「ある一部の人たちは我々とは違い特別なんだ、という考えは受け入れられない」とFacebookに書き込んだユーザーがいた。

2015/11/21

「自分はソマリア人である前に、カナダ人」:ソマリアからの難民が、カナダで国会議員に

16歳の時、ソマリアからの難民としてカナダにたどり着いたアフメド・フセイン氏。20年以上経った今、同氏はソマリア出身の移民として初めてカナダの国会議員になった。

2015/11/16

僕にとってベイルートみたいに愛着のあるパリの街

架け橋

パリ襲撃事件の前夜、レバノンのベイルートでも40名以上が犠牲になる襲撃事件があった。レバノン人で、パリを第二の故郷と思う著者の独白。

2015/11/13

水がほしくてたまらない?サンパウロの干ばつのネット特集はいかが

サンパウロの水管理の背景にある政治から水を枯れることのない資源とみなす人々の幻想まで、このネット特集はブラジルでもっとも大きな都市の困難な状況を伝えている。