See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

記事 経済・ビジネス

2020/02/15

インド、カシミール:社会の壁を破る女性起業家たち

「私はソーシャルメディアで批判的な言葉を、女性からさえも受け取ることがありますが、こういったコメントは、私が人として成長し、より優れたデザイナーとなるために必要だと考えています」

2020/01/09

キャセイパシフィックを襲う「白色テロ」:ソーシャルメディア上で香港民主化抗議デモ支持の客室乗務員労働組合委員長を解雇            

「これは、私だけに限りません。業界全体の問題であり、香港の問題なのです。いつこの白色テロは終わるのでしょうか?」

2019/11/25

かつてホメロスが賞賛したトルコのカズ山 いまや木々が伐採され山肌もあらわに

トルコ:鉱業会社が引き起こした森林破壊に、環境活動家と芸術家が力を合わせて立ち上がる。

2019/08/30

コートジボワールでくずチョコからできるココアバター石けんが人気に

世界最大のカカオ生産国、コートジボワール。工場から廃棄されるくずチョコからココアバターを作り、石けん製造業者に売るひとりの現地女性を追う。

2019/04/21

パキスタンの国民食の座を狙う人気料理、ビリヤニの話

南アジア料理の王様ともいえるビリヤニは、パキスタンの国民食となれるのか?

2019/04/19

外国人労働者に扉を開いた日本 割れたままの世論

少子高齢化による労働人口の減少が叫ばれている日本。外国人労働者の受け入れに頼る以外、選択の余地はないのかもしれない。

2019/04/18

アルバニア国立劇場解体へ 建物の保存求める「同盟」の闘い

「何世代にも渡って共有してきた思い出を消さないで欲しい。いかなる新劇場も歓迎するが、古いものを取り壊す必要はない」(本文より)

2019/03/10

モザンビーク:アフリカ最長の橋は地域住民に歓迎されるか? 心配の種は通行料

7億8500万米ドル。その橋は1975年の独立以降、モザンビークで最も費用のかかったインフラストラクチャー事業である。

欧州最後の原生林の1つがポーランド政府自身の手でぼろぼろに

環境保護監視団体はポーランド政府がビャウォヴィエジャの森から伐採可能量を3倍にした後、2016年から少なくとも16~18万本の木が切り出されたと見ている。

2019/01/17

カンボジア : 「魚の網は今日も空っぽ」水上生活を送る若い親たちの苦悩

架け橋

チャム族の人々は、川べりで魚を取って暮らす生活を4000年来続けてきた。しかし今、子どもを抱えた若い世代にとって水上生活は不安の連続だ。