記事 人道支援

スコピエ地震から半世紀。2019年、ポーランドの建築・芸術的貢献の記憶が蘇る

1963年にスコピエで発生した地震の後、ポーランドの芸術家らは、連帯の気持ちを込めてこの街に芸術作品を贈った。2019年、これらの作品を展示した展覧会がポーランドで開かれ、地震の追悼式典はより一層意義深いものとなった。

クッキーで貧血解消 ひたむきな研究による製品で賞を獲得したペルー人技師

3種類の基本原材料でできた、ペルー人技師フリオ・ガライ氏が考案したクッキー。子どものほぼ半数が貧血に苦しむペルーで救世主となる。

オーストラリアの看護師からのメッセージ:海外でのボランティア、そして新型コロナウイルス

「せっけんを買えない国や、水道水が供給されていない国もあり、そのような国々に住む人々は最も深刻な被害を受けることが懸念されます」

サイクロン・アイダイ: この気候災害時、見過ごされた動物救助

サイクロン・アイダイの破壊は区別がない。動物愛護活動家たちは市民に 、避難中や救助活動中に動物たちを置き去りにしなように。また、サイクロンの影響下で怪我をしたり苦しんだりしている動物を探すのも忘れないよう訴えている。

バングラデシュ流? 女性の社会進出はバイクの旅で!

地方に住む女の子が声をあげることへの助けになり、家から出て、思いを率直に話し、彼女たちの目を通してこの国の美しさに触れることへ後押ししてあげたいのです。

スーダンの若手活動家、ダルフール地域の森林伐採に警鐘を鳴らす

スーダンの複雑な政情と急速に悪化する気候は、スーダンの人々の困難をさらに強めている。

イエメン:無料の朝ごはん提供で、500人の女子生徒が学校へ

このプロジェクトが実施される前までは女子生徒の1/5が欠席していたが、今となっては皆元気に授業を受けている。

バングラデシュ:川岸の浸食で多くの人が家を失う

パッドマ川による壊滅的な浸食が、この2、3年間進行している。それなのに地方自治体には、主体的にダムまたは堤防を築造しようとする姿勢がうかがえない。

シリア、東グータ地区:生きていくことすら困難なこの地から、ある歯科医の証言

「私たちが経験してきた疲労、惨事、恐怖、そして過去7年間に累積したこの内戦の及ぼした影響を表すことは到底できない」

スリランカ:記録的大洪水への対応

洪水と土砂崩れによって100人以上が死亡、40万人以上が被災した。同国では過去10年で最悪の洪水である。