記事 アメリカ

アリ・バニサドルと「ビジュアル・シンキング」

ワズワース・アテネウム美術館でのアリ・バニサドルの「MATRIX 185」展は、イラン系アメリカ人アーティストの本人にとって、米国の美術館では初のソロエキシビションである。

ロックダウン下、キューバの若者たちが写真で切り撮った美とコロナ回復への希望

Through photos, Cubans tell stories of their COVID-19 lockdown.キューバの若者たち、新型コロナウイルスロックダウンを写真を通して伝える。

カナダの先住民女性をアートで癒やす

カナダの先住民女性は、いまだに暴力と植民地制度の余波に苦しんでいる。アートを用いて、彼女たちの一人ひとりが受けた苦しみや民族全体が受けた苦しみを癒やす道を切り開こうとしている女性やアーチストがいる。    

数字だけでは伝わらない:ブラジルのCOVID-19犠牲者に捧げるオンライン記念碑

しばらくすると、数字は意味を失い始め、人数を意味するものではなく時計やアラームのようなものになっていきます。私たちは鈍感になっていくのです。

見えない働き手:新型コロナウイルスの最前線にさらされる家事労働者たち

家事労働者は見えない働き手だ。仕事は軽く見られ、国にも雇用主からも顧みられることはない。

ブラジル連邦最高裁判所、性的少数者の人権を擁護する判決を下す

「私たちが生きているのは、法律で承認される社会です。その中で、最高裁判所がある重要な判決を下したのです」

紙とインクから生まれる魔法 ーイラン系アメリカ人アーティスト、ハディーフ・シャフィの人と芸術ー

イラン生まれでアメリカ育ちのアーティスト、ハディーフ・シャフィ。彼女は本というものの概念を作り変えることに没頭し、原文そのままに活字を描いたり、色彩とその感情に訴える力を探求したりしている。

「Born fi dead(死ぬために生まれて)」、ジョージ・フロイド暴行死事件への抗議運動に自らを重ね合わせるカリブの人々

ミネアポリスで始まった抗議活動は、かつてのマーカス・ガーベイ、マーティン、マルコム 、マーリーらの闘いから繋がっている。今、この抗議の輪はカリブ海だけではなく、世界的な広がりを見せている

クッキーで貧血解消 ひたむきな研究による製品で賞を獲得したペルー人技師

3種類の基本原材料でできた、ペルー人技師フリオ・ガライ氏が考案したクッキー。子どものほぼ半数が貧血に苦しむペルーで救世主となる。

ラテンアメリカ・カリブ世界から届く、色とりどりの「コロナウイルス・ソング」

シリアスからユーモラスなものまで多様な音楽を紹介