See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

記事 人権

2017/07/25

公民権運動時代の人間賛歌を今再び!! インド系アメリカ人ムスリムの熱い歌声

心につきささるジシャンBのソウル、ゴスペル、リズム・アンド・ブルース。シカゴのシンガー、ジシャン・バガワディはインド人の父から受け継いだ音楽を熱く歌い続けている。

2017/06/26

サッカーに恋して:インドの少女たちがサッカーから教わった女性の生き方

家父長制の根強いインド社会にあって、北インドのヴァーラーナシーの組織MSSは、貧しい十代の少女たちにサッカーを教えている。自由を得た少女たちは女性としての確固たる自信を身につけていく。

2017/06/19

多様性への理解進まず 反同性愛者から寛容のメッキを剥がされるウクライナ

RuNet Echo

今年も開催されたユーロビジョン・ソング・コンテスト。そのスローガン「多様性に祝福を」を象徴するはずのモニュメントが、未完成のまま不気味にたたずんでいる。

2017/06/09

グアテマラの悲しみ:児童養護施設火災で置き去りの少女が多数死亡

少女らは部屋の外に出してもらおうと反抗してマットレスに着火した。それでも外には出してもらえず焼け死んだのだ

2017/06/07

トランスジェンダーのネパール人モデルがインド最高峰のファッションショーのランウェイに登壇!

インド最高峰のファッションイベントにネパール出身のトランスジェンダーモデルが登壇。これは初の快挙となり、元ミス・ネパールをはじめ多くの人が彼女の偉業を称え歓迎している。

2017/05/09

宇宙への切符は手にいれたのに、地球上での移動は制限されてしまうという皮肉

コンテストに優勝し、宇宙旅行を勝ち取った青年。しかし地球上ではイスラム教徒という理由から空港で尋問され足止めされることが度々あるという。

2017/04/22

レバノン:シリア人家族が強いられる決断 ホームレスになるか、児童労働を受け入れるか

多くのシリア人の家族が母国を離れ、レバノンで難民として生活する以外の選択肢がなかった。そこには、貧困、労働、居住など生活するうえで多くの問題があり、子どもが苛酷な労働環境の中で働くことで生活を維持するような厳しい現実がある。

権力者の慰み者にされたアフガン少年たち:社会復帰の道は?

アフガンで今も続く少年性奴隷「バチャ・バジ」の悪習。話題に上がるのが遅すぎた感があるが、犠牲者を救う政治的手立てはまだこれからだ。

2017/04/10

砲火を逃れ極寒に苦しむ。ミャンマー北部カチン州の避難民

カチン独立軍とミャンマー国軍の衝突が再発し、2000人の避難民が発生、国境沿いの避難所で寒さに苦しみながら暮らしている。