See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

記事 若者

2019/11/17

政府の化石燃料への投資が続く中、日本の若者たちが気候マーチに参加

世界の一部の地域では、毎週金曜日に気候変動を訴える学生ストライキが起きているが、日本でも、「未来のための金曜日 東京」を立ち上げ、気候変動の問題に声を上げている若者たちがいる。彼らは、多くの大人たちが彼らの意見に耳を傾ける気配がないことを憂慮している。

2019/10/10

強制送還に直面する、タンザニアで暮らすブルンジ難民

ブルンジが2020年の大統領選挙を前に治安が悪化している状態であるにもかかわらず、タンザニアに逃れたブルンジ難民は、両国政府の取り決めにより、今すぐにでも強制帰還させられようとしている。

2019/09/24

「奴隷に対する処罰方法」を問う歴史の宿題が物議を醸す ジャマイカ

「もしこれが第二次世界大戦に関することだったら、ナチスドイツの立場に立って、ユダヤ人を絶滅させる方法を提案せよという課題が出されたのだろうか」

2019/07/28

ジョージア:あるドラァグ・アーティストのストーリー 敵意、受容、そして愛

本当の親ならば、たとえどんな子どもでも愛する。それは、イマドキな考え方でもなんでもない。

2019/05/03

アフガニスタンの教育改革に静かな情熱を燃やし続けた男の遺産

巨星墜つ。国家の人材に事欠くアフガニスタンにとって大きな損失となったシャリフ・フェイズ博士の死。しかし、その遺産は引き継がれていく。

2019/03/16

イエメン:無料の朝ごはん提供で、500人の女子生徒が学校へ

このプロジェクトが実施される前までは女子生徒の1/5が欠席していたが、今となっては皆元気に授業を受けている。

2019/01/23

フィリピンのクレオール言語、チャバカノ語を紹介するブログが誕生

ライジング・ヴォイセズ

もっと積極的に保護する努力をしないと、いつか、チャバカノ語が家庭内でしか話されなくなる日が来てしまう。

2019/01/17

カンボジア : 「魚の網は今日も空っぽ」水上生活を送る若い親たちの苦悩

架け橋

チャム族の人々は、川べりで魚を取って暮らす生活を4000年来続けてきた。しかし今、子どもを抱えた若い世代にとって水上生活は不安の連続だ。

ドローンでバヌアツの離島へワクチンを輸送

バヌアツ(太平洋上12,189平方キロメートルに広がる83の島で構成される島嶼(しょ)国家)は、世界で初めてドローンを使って遠隔地域にワクチンを運んだ国となった。

2018/11/13

アレッポの記憶の中に

架け橋

「私たちは生きている。歩みを止めない。夢は現実になる」