記事 ラテンアメリカ

かつてユーゴスラビアで大流行、忘れじのメキシコ音楽の替え歌

60~80年代のユーゴスラビアでメキシコ音楽の替え歌が数多く大ヒット。そのベストセレクションをお楽しみください。

数字だけでは伝わらない:ブラジルのCOVID-19犠牲者に捧げるオンライン記念碑

しばらくすると、数字は意味を失い始め、人数を意味するものではなく時計やアラームのようなものになっていきます。私たちは鈍感になっていくのです。

見えない働き手:新型コロナウイルスの最前線にさらされる家事労働者たち

家事労働者は見えない働き手だ。仕事は軽く見られ、国にも雇用主からも顧みられることはない。

ブラジル連邦最高裁判所、性的少数者の人権を擁護する判決を下す

「私たちが生きているのは、法律で承認される社会です。その中で、最高裁判所がある重要な判決を下したのです」

クッキーで貧血解消 ひたむきな研究による製品で賞を獲得したペルー人技師

3種類の基本原材料でできた、ペルー人技師フリオ・ガライ氏が考案したクッキー。子どものほぼ半数が貧血に苦しむペルーで救世主となる。

ラテンアメリカ・カリブ世界から届く、色とりどりの「コロナウイルス・ソング」

シリアスからユーモラスなものまで多様な音楽を紹介

ベネズエラ、人々が一丸となり、カラカスのお年寄りに食料供給活動

「貧困に終止符を打つことはできない。だが、自分たちにできることの一つとして、最も助けを必要としている人たちに寄り添うことは可能だ。」

スウェーデンで、メキシコで、なぜ先住民の言葉が消えていくのか?

北欧で、またそこから数千キロも離れているメキシコやペルーでも、先住民として生き続けることは困難となりつつある。

「パンデミック解消には森林保護が必須」先住民たちの声

「森林が伐採され続けたら、薬剤採取はどうなるのでしょう?」

リバイバルはメキシコ的に!ロシアの大衆版画芸術

忘れられたロシア大衆版画をメキシコ流に再現しようとする版画家、アレハンドロ・バレートとの対話