See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

記事 メキシコ

2016/08/21

メキシコ アボカド価格高騰 もう食べたくならない?

経済危機を背景に、メキシコの人々は食費の支出にも悩まされている。特にメキシコ料理に欠かせないアボカドの価格上昇は不満の種だ。

2016/07/10

最新の養蜂技術は、温故知新で!

世界各地で、ミツバチの減少傾向が認められる。自然保護活動家は、現地の農民とともにこの現象の解決策を探っている。

2016/06/01

毎日国境を越えて通学する女子高校生

あるアメリカの高校では、70パーセントの生徒がメキシコから国境を越え通学する。生徒たちの大きな負担となっている通学路は、われわれの常識とはかけ離れている。

2016/01/10

「死者の日」について知っておきたい5つのこと

メキシコの祝日「死者の日」。巨大なメキシコ人コミュニティを抱えるアメリカでは、メジャーになりつつあるようだ。

2015/12/27

現代の計算機にも負けないマヤ文明のそろばん「ネポ」

古代メソアメリカ文明のそろばん「ネポーワルツィンツィン」は、今でも人々に使われていて、電卓に負けない正確な答えをはじき出してくれる。

2015/11/12

「言語の枷に捕らわれず、両言語を駆使した会話を始めよう」メキシコ人作家へのインタビュー

メキシコ人作家のクリスティーナ・リベラ・ガーザは、米国・メキシコ両国で活動しながら、創作はスペイン語でのみ出版してきた。25年の米国生活を経て、スペイン語・英語両言語で書くようになると世界が広がったと語る。

2015/10/28

ラス・パトロナス:メキシコの「死の列車」に人道支援をつづける女性たち

メキシコを南北に縦断する「ザ・ビースト(野獣)」と呼ばれる列車がある。アメリカンドリームを夢見て、多くの中米移民が危険を冒して「死の列車」に乗る。そんな移民たちに食料支援を続けるメキシコの女性たちがアストゥリアス皇太子賞の候補になった。

2015/08/25

メキシコにも奴隷はいる? ~深い傷を負った女性の物語~

現代でも、同じ人間を奴隷のように扱う人がいる。メキシコのクリーニング店で働いていたある女性は、悪条件のもとで酷使され、ひどい虐待を受けた。彼女が心とからだに負った傷は、いまだ癒えることはない。

2015/08/17

メキシコ政府がオアハカの先住民ラジオ局を弾圧

GV アドボカシー

メキシコの先住民の人々に愛されているコミュニティラジオ局が、またもや政府による弾圧に直面している。政治的野心を持った支配層はあからさまな敵対姿勢を見せている。