See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

リバイバルはメキシコ的に!ロシアの大衆版画芸術

ロシアとメキシコをルボーク的図柄で 作:アレハンドロ・バレート 写真掲載許諾済

ルボークは庶民的な木版画で、17世紀末には普通の家や大衆食堂のちょっとした飾りものとしても広く出回っていた。ルボーク、2枚以上の時はルビキとも呼ぶ版画の絵は庶民の暮らしに関するものがほとんどだが、寛容とは言い難いこの時代としては意外にも、教会や国の役人を皮肉る版画絵も登場する。

ルボークが人気を博するようになると、19世期には専制的な国家自身が愛国心を高揚するためのルボークを作るようになった。しかし1917年のロシア革命以降は忘れ去られてしまった。屋根裏に眠るルボークが話題に出る場所は、いまのロシアでは学術的研究者や未知の文物愛好家の会合くらいだ。

そして1世紀を通り越し、場所もメキシコに飛び越えて、ルボークは版画家アレハンドロ・バレートの工房に再生した。ロシア語を学ぶ過程で版画家はルボークに出会い、夢中になり、自分の郷土メキシコに伝わる絵柄をルボークで再現しようと心に決めたからだ。

この知的探索と創作の旅について、版画家の話を要約紹介する。

フィリップ・ヌーベル (FNと略す): ロシアのルボークは注目に値する文化現象だと思いますが、ロシア国内でも知る人はわずかです。ルボークを知ったきっかけは何ですか?

Alejandro Barreto: Fue durante mi proceso de aprendizaje del idioma ruso hace unos 10 años, en algún libro pude apreciar el grabado lubok referente al Gato De Kazán y me enamoré a primera vista ya que fue mi primer contacto como grabador con una de estas piezas. Fue curioso darme cuenta cuando viví en Rusia, que la gente común casi no conoce esta manifestación artística pese a que es un testigo antropológico vivo de su historia. Los niños los ven en los libros de escuela, pero en realidad no saben que estas imágenes son lubok, ni cómo se hacen. Mi motivación principal para aprender ruso fue lo exoticidad del lenguaje comparado con el español que es mi lengua natal y la fascinación que me produjeron las caricaturas soviéticas de la casa fílmica Soyuzmultfilm.

アレハンドロ・バレート(ABと略す): 10年前私はロシア語を学んでいました。ある本に載っていた「カザンの猫」と言うルボークを見つけて、版画をやっている私は一目で気に入ってしまいました。カザンはロシアの町の名前で、その絵はとても有名なルボークでした。
ルボークはロシアの社会と歴史を語る生き証人ですが、当時私が滞在していたロシアでは、この伝統ある芸術のことを知るロシア人はなぜかほとんどいませんでした。教科書にのっているルボークを見ても、子供たちはこれがルボークと言う版画でどのように作られるかは知りません。
私がロシア語を学びたかった理由は、自分が生まれてこの方使ってきたスペイン語に比べて、ロシア語はとても変化に富んで魅力のある言葉だからです。それとソ連のアニメーションスタジオ、ソユーズムリトフィルムのファンだったのも理由です。

18世紀製作とされるカザンの猫(ロシア語でКот Казанский)は最も有名なルボークで、猫はピョートル大帝を皮肉ったものだとも言われている。
ウィキメディア・コモンズ CC-BY 3.0

FN: ロシアの風刺、喜劇、社会批評はルボークからはじまったと言う説もありますがどう思いますか?

AB El Lubok es un documento histórico en sí mismo, consigo viene una cantidad fabulosa de información, valiosa en todos los aspectos de las épocas donde tuvo su auge (Siglo XVIII-XIX) hay algunos estilos de vida rurales, los cuales hoy en día que se conocen gracias a estos grabados, canciones, anecdotarios, leyendas, chismes. Lubok era un medio de comunicación impreso y humorístico que podía abordar cualquier tema, tal y como lo hicieran las gacetas europeas o el mismo periódico actualmente. Siempre he pensado que el bajo precio, el humor y la manera colorida de pintarlos fueron aquello que enganchaba al espectador a comprar los impresos incluso para decorar las puertas o paredes de su casas.

AB: ルボークはそれ自身が歴史を語る史料です。最盛期を迎えるのは18世期から19世期ですが、当時制作された膨大な数のルボークを通して、当時の社会の全貌を知ることができるのです。歌、笑い話、伝説やうわさ話などルボークに刻まれた絵や文を通して、当時の農村の暮らしをうかがい知ることができます。
ルボークはユーモアも交えながら様々な情報を紙面で伝えます。当時の欧州で言えばガゼット(公報)、今で言えば新聞に相当するでしょうか。薄紙に印刷しただけなので安価、しかも愉快な内容が多色刷り。人々がルボークにひかれて買い求めたのも納得です。そして買い求めたルボークは、家の扉や壁に貼って飾ったりもしました。

ルボーク制作中のアレハンドロ・バレート 写真掲載許諾済

FN: ロシアのルボークは創作や一連の作品でどのように生かされていますか。ルボークに対する情熱は、メキシコで理解してもらえるものですか。インターネット上ではどうですか?

AB: Para mí el lubok ruso es una gran fuente de inspiración y objeto de estudio. Para poder compenetrarme y adaptarlo a la cultura mexicana, en mi país hice una tesis doctoral que explicaba la historia y formalidades de este arte en comparación con la gráfica popular del taller TGP, Manuel Manilla y José Guadalupe Posada de principios del siglo XX en México y con los cuales comparten muchos géneros de estampa narrativa y humorística. Siento que fue el mejor ejemplo para poder dar a conocer a los mexicanos lo que es y representa un lubok en Rusia. Mi trabajo llevó un proceso donde tuve que apropiarme las herramientas y estilo burdo de lubok para crear estampas que hablaran de la cultura popular y la historia de México. A esa serie le llamé lubokus.ru.mx, logré realizar un acervo amplio de piezas relacionadas a este tema México-Rusia, para poder ser presentadas en exposiciones en varias partes del México, Rusia y el extranjero, tan solo el año pasado se presentó en Bulgaria y en Polonia.

AB: 私にとってロシアのルボークは着想の源泉であり研究対象です。ロシアのルボークを理解し、メキシコ的に解釈して創作したい。その目的のためにメキシコで執筆した博士論文では大衆版画美術工房(1937年に左翼芸術家集団がメキシコで設立した団体)、マヌエル・マニージャ、ホセ・グアダルーペ・ポサダといった人たちの作品とルボークを比較しながら、共通する形式や歴史について検討しました。メキシコの大衆画とルボークには同じような内容、ユーモアが見られます。これら共通点を通して、メキシコ人はルボークが何であって、ロシアの人々のルボークへの思いを推し量ることができるのです。
作品制作にあたっては、道具の使い方や、ルボークのざっくりした表現にも慣れる様にしました。そして絵柄はメキシコの歴史や文化から、誰もが知っているものを選びました。lubokus.ru.mxと名付けた「メキシコとロシア」をテーマにした一連の大版作品をたずさえ展示をして回っています。メキシコ各地はもちろん、ロシア、他の国にも行きました。2019年にはブルガリア、ポーランドを訪れました。

ルボーク作品 アカデミア・デ・サン・カルロスに向かうメルキアデス・エレーラ 作:アレハンドロ・バレート 写真掲載許諾済

FN: 収集されているポップ・アート作品とルボークの関係性についてお話いただけませんか?

AB Sin lugar a dudas lubok es el antecesor de los comics rusos, creo que es muy importante el papel que juegan con las historietas y también como antecedente del cartel soviético. Encontré parecidos muy interesantes a nivel formal e histórico con grabados populares de otras culturas como en el nordeste brasileño con la literatura de “Cordel” la cual involucra rimas con narrativas de carácter popular con grabados y se venden a bajos costos. Tuve mi propia oportunidad de hacer mis cordeles lubok alrededor un tema muy mexicano: “Lucha Libre”. También he visto otras manifestaciones que gozan de muchas similitudes con lubok como los pergaminos de patua en Bengala, India y luboks que he visto de otros países eslavos como Bielorusia, Ucrania y Kazajos. 

AB: ルボークがロシアの漫画の先駆者であることは間違いありません。現代ロシアの漫画本の発展に大きな役割を果たしていますし、ソビエト時代の思想宣伝ポスターの先駆けとも言えます。また他の文化圏であっても大衆版画が、同じ様な歴史や形式を備えている事は大変興味深い現象だと思います。ブラジル北東部のコルデル文学では韻文形式の大衆的な物語が、冊子として手頃な値段で販売されています。私自身、とてもメキシコ的な題材であるルチャリブレ(プロレス)の物語をルボークで作ったことがあります。インドのベンガル地方のポトゥアと言う絵巻、それにベラルーシ、ウクライナ、カザフスタンといった旧ソ連圏の国々で見たルボークはそれぞれ異なるものではあっても、多くの共通点があります。

ルボーク作品 カザフスタンのメタリックモンスター 作:アレハンドロ・バレート 写真掲載許諾済

FN: ルボークのどの様なところが好きですか? 

AB: Desde que estudio el tema lubok soy un fanático, he realizado mis grabados inspirado en ellos, pero también en mi viaje a Rusia pude obtener algunos impresos originales lubok de varios temas, desde grabados de la biblia ilustrada por Vasily  Koren (La primera en ruso de 1692 y con la cual llegó la técnica del grabado en madera a ese territorio como antecedente del lubok popular) hasta impresos sobre anecdotarios, hechos insólitos y relatos políticos satíricos.

Yo amo la estética de la representación de las figuras. Me doy cuenta de la ingenuidad del pueblo ruso de aquellas épocas, ante hechos extraordinarios, aquellos impresos eran interpretados de una manera muy pura, es decir se hablaban de animales exóticos o de monstruos sin tener una referencia real o fotografía y las representaciones al ser hechas a base de relatos, los hacían unos personajes maravillosos emanados del mundo Naïf.

AB: 私はルボークについて調べ始めた時からルボークのファンで、ルボークに触発された作品を作ってきました。ロシア滞在中にはルボークのオリジナルを手に入れることができました。その中にはヴァシーリー・コーレニが絵を描いた聖書(1692年にロシアで最初に刷られた聖書で、ルボークに先立って木版が使われた)、笑い話、珍しい話、政治的風刺など異なった様々な題材がありました。
私はルボークに登場する人物を見ると、ロシアの人たちの審美眼を感じます。当時の人たちの創意工夫が伝わってきます。奇異な現象の体験は、版画の中ではとても純粋な形で解釈、表現されていきます。それは異国の動物や怪獣を描く時に、写真や実物を見ずに描くみたいにです。お話から絵のできてゆく過程で、素朴画からやってきた様な不思議な人物が出来上がってくるのです。

ルボーク作品 インスルヘンテス劇場へと向かうカンティンフラス(カンティンフラスは20世紀初頭に活躍した人気喜劇俳優)
作:アレハンドロ・バレート 写真掲載許諾済

FN: メキシコの文化、芸術、ユーモアをルボークで体現できるものでしょうか?

AB Como decía anteriormente, en México hubo un periodo muy importante del grabado mexicano con la construcción de nuestra nación a finales del siglo XIX y principios de siglo XX, donde la restructuración del país estaba gestionándose, la cultura mexicana comenzaba a notar sus primero atisbos como nación moderna. Había mucho castigo por parte del gobierno y la clase poderosa, eso gestionaba ciertas condiciones para el grabado se convirtiera también en una arma de protesta, al ser accesible, hablar por el pueblo, levantar la voz de la crítica y el humor. Una nación saludable para mi forma de ver debe tener sentido del humor y debe ser crítica y tanto lubok como nuestro grabado mexicano comparten ese capítulo en sus respectivas historias. 

AB: 先ほども申し上げた通り、19世紀の終わりから20世紀初頭、メキシコという国が新たに形成される時代は、メキシコの版画史においても非常に重要な時代でした。それはメキシコ現代文明というものが姿を現し始めた時代だったのです。国家と支配層は、民衆に対して常に強圧的だったので、版画運動は弾圧に対抗する抗議手段となりました。ユーモアと批判精神にあふれる版画絵は、手軽で誰にでも理解できるので民衆の不満を伝える大きな力となったのです。健全な国家にはユーモアと自己批判の精神が必須だと私は信じています。
場所や絵柄は異なったとしても、ルボークもメキシコの版画も、ひとつの時代史を同じように歩んできたのです。

バレーロの作品をインスタグラムでチェック。

コメントする

Authors, please ログイン »

コメントのシェア・ガイドライン

  • Twitterやfacebookなどにログインし、アイコンを押して投稿すると、コメントをシェアできます. コメントはすべて管理者が内容の確認を行います. 同じコメントを複数回投稿すると、スパムと認識されることがあります.
  • 他の方には敬意を持って接してください。. 差別発言、猥褻用語、個人攻撃を含んだコメントは投稿できません。.