See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

記事 環境

2019/05/20

ネパール原産のツル性常緑樹「ソーセージアケビ」は、イギリスではよく名が知られているが故国ネパールでは無名

我々ネパール人は、多額の金を払って外来のアボカドやキーウイを栽培し食べている。しかし、我々は、外国人がネパールのジャングルから取っていった 美味な果物を商売の種にしていることを知りもしないのだ。

2019/04/30

優雅な姿に夢心地 ネパールは蝶の楽園

色とりどりのネパールの蝶をスシール・シュレスタによる写真でご紹介

2019/04/21

メコン川流域:民間説話や言い伝えを役立て環境保全へ

ライジング・ヴォイセズ

地域に伝わる『人々の物語』を守り、活かすことで、メコン川流域に起こりうる変化に順応してゆく道を探ったり、あるいは、抵抗したりしてゆく方策にもなるだろう。

2018/12/21

アフガニスタン:深刻化する水事情

アフガニスタンの首都カブールは、いま水不足に陥っている。それなのに、人口は今後30年の間に現人口にさらに現人口の1/3を加えた規模程度に達すると見込まれている。

2018/12/19

パラグアイの首都開発 排除される住民たち

「開発者にとって、私たちはこの街にいらない存在なのです。彼らはアスンシオンを別物に造り替えようとしています。そして貧困層が視界に入らない街を造ろうとしているのです」(本文より)

2018/12/16

すすにまみれるナイジェリア・ポートハーコート市

すすは癌や肺疾患の原因であり、そしてすすを含む大気に長期間さらされることで、冠動脈疾患のリスクが高まる。

2018/11/14

フィリピン:埋め立て開発の脅威が襲い掛かる 漁村とマングローブ地帯に住む人々

「私たちは故郷を見捨てはしない。私たちを支援し戦う勇気を与えてくれる人々がいる限り、私たちは戦う」

2018/11/05

絶滅に向かうキタシロサイ 体外受精は救済手段となり得るのか

「体外受精の成功により産まれたキタシロサイは、現実的問題としてどこで暮らせば良いのだろうか......シロサイはかつて生息していた地域から姿を消していった」

2018/11/03

プラスチックごみ ウガンダで深刻な問題に

誰もがやりそうだ。・・・ポイ捨ては、旅行中に誰もがやってしまう習性のようなものだ。ごみは持ち帰って目的地に着いてから処分しよう。

2018/09/15

ハリケーンに思うこと バハマ人学者からのメッセージ

架け橋

「‥‥我々は自身をしっかりと見つめ、我々が大型ストームをこれほどまで上手く扱える理由を解き明かすべきだと、私は信じている。」(本文より)