· 11月, 2011

記事 ラテンアメリカ from 11月, 2011

この記事を読む。

キューバ:都会の緑の守護者

  2011/11/18

2006年12月、樹齢100年のカポックノキが、キューバの首都ハバナ近郊のサンアグスティンで切り倒された。ただし、この木は単なる木ではなかった。ハバナのシンボルであり、キューバ国民の文化遺産を象徴する存在でもあった。この悲しい出来事をきっかけにして、2007年1月に若いキューバ人のグループが、「緑地のより効果的な保護と育成に貢献する」ことを目的としてEl Guardabosques(森林の守護者または森林警備隊員の意味)を設立した。

この記事を読む。

ミラネスのマイアミ・コンサート、キューバで議論に

  2011/11/12

2011年8月27日キューバの伝説的歌手、パブロ・ミラネスがマイアミにて、1970年彼の音楽家人生の中で初めての南フロリダでのコンサートを開いた。キューバについてのブログやニュースサイトでは公演中の数週間、コンサートの政治的影響をめぐる激しい反対意見が波紋を呼んだ。

この記事を読む。

コロンビア: メデジン市モラビアで変化を起こすEl puente_lab

  2011/11/01

コロンビアのメデジンで、Hiperbarrioプロジェクト(Rising Voices主催)をはじとした、市民メディアの研修と社会参加に関した面白い企画がいくつか進行中だ。この記事では、そういったプロジェクトの1つで、アートと文化を産み出すプラットフォームであるEl Puente_labに焦点をあててみる。