See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

サイクロン・アイダイ: この気候災害時、見過ごされた動物救助

2006年3月、モザンビーク、イニャンバネ州のビランクロスビーチで寝そべるのら犬 写真:E via Flickr/Creative Commons

2019年3月4-16日の間に、サイクロン・アイダイがアフリカの南側、ジンバブエ、モザンビーク、マラウイと南アフリカの一部を通過した。モザンビークだけで少なくとも  1,000人 の犠牲者を出し、数えきれない人々の住む場所を奪い、村や町全体を破壊した。多くの地域が、崩落した橋によって救助活動を行うことが困難になり孤立した。

このような災害時に、救助活動は人命救助に重きが置かれ、動物たちの窮状までにはなかなか目が届かない。一方、サイクロンは何も区別することなく破壊し、気候変動は動物を含む弱小集団に悪影響を及ぼす。

“サイクロン・アイダイによる死者や破壊の悲しい報告を受けるごとに、我々のいま置かれている状況は、人間の不法な行為や環境に対する不義理ゆえに重大な局面にさしかかっていると、断固主張する。”

“道路網が寸断されたため、国境なき医師団はチマイニマニに到着出来ない。ジンバブエを襲った、サイクロン・アイダイによって、チマイニマニへ通じる橋の多くが壊されてしまった。そのために、住民に必要な救助活動が滞っている。”

動物の救助プランは?

このような大災害時には、救助隊は動物たちの生命も考慮する必要があることがサイクロン・アイダイにより明確になった。この数週間、野生動物、家畜、水生動物、そしてペットたちはアイダイによる被害を受けたままの状態で取り残されている。孤立した動物たちは長期間、食糧や水無しの生活を強いられ、また、生息地を失ったことで、行き場が無くなるといった情況に直面している。動物たちも何が起こっているか気がついているだろう。しかし、彼らには人間による救出を待つ以外に方法は無いのだ。

救助活動は人命救助に集中する一方、人間以外の生き物ほとんど顧みられることなく、放置されたままとなる。

“無数の家畜が サイクロン・アイダイで死亡。災害がチマイニマニを襲う。”

ジンバブエでは、地元団体のトゥワラトラスト が緊急の獣医医療の提供や家畜およびこの災害で被災したその他の動物への給餌といった対応策を採った。 動物愛護を支援すること、および ジンバブエ動物愛護協会 (ZNSPCA) の緊急対応チームと協力し合いながら被災地域で作業することである。犬や猫用のドライフーズまたは缶詰、飼料、包帯および毛布などの物品が、被災した動物たちには是非とも必要である。

“ジンバブエ:トゥワラトラストは水曜日に、サイクロン・アイダイで荒廃した地域に向かい、緊急の獣医医療の提供や家畜及び、その他の被災した動物たちへの餌やりを手伝う予定だ。私たちはジンバブエ動物愛護協会の救急対応チームと働く!”

この災害の最中に、ジンバブエの人々はソーシャルメディアを駆使して動物愛護を訴えた。すると、この訴えに多くの人が賛同し、動物たちにも避難策や救助策を講ずるべきだと多くの意見が寄せられた。

“モザンビーク政府は人々も動物たちも1週間は早く避難させるべきだった。政府はサイクロン・アイダイが向かって来ていることを知っていたし、隣国のモザンビークに被害が出ていることを多くのメディア報道で知っていたのに。悲しいな。”

“サイクロンが来たのだというのだったら、Zupco社の全てのバスを配備して、被災地の全ての人々と動物たち、さらにはアヒルやモルモットも避難させることができたのに。”

“東ジンバブエはサイクロン・アイダイに襲われ、寒いうえに大荒れだ。子供、大人はもちろん家畜も野生動物も窮地に陥っている。お互いに助け合おう。我々には結果をどうこうすることはできない。”

“サイクロン・アイダイ襲来は少なくとも1週間前には判明していた。市民保護部局は現地に行って、備えをしただろうか。また学校に対して休校や生徒の避難措置を要請しただろうか。人々と動物たちの避難計画と安全確保計画を策定しよう。またこれらの計画の策定戦略を明示しよう。私たちにできることはわずかであることを認め、その上で、学習し改善を図っていこう。”

動物愛護活動家たちは市民に 、避難中や救助活動中に動物たちを置き去りにしなよう訴えている。また、サイクロンの影響下で怪我をしたり苦しんだりしている動物を探すのも忘れないよう訴えている。緊急管理戦略に関する情報を提供しているヘザー・キッチンは下記のように記している。

“動物の「価値」がどうであれ、傷ついた動物を介護する手段が何らかの理由により阻害されたときは、外部からの援助が必要である…しかし、動物の救助、介護、および保護に関していえば、外部からの援助は限定される。なぜなら、外部からの援助に関する項目は、緊急管理対策のなかにまだ完全には組み込まれていないからである。”

気候変動が原因か?

ここ数週の間にアフリカ南部で生じたサイクロンおよび広範な洪水の主因は気候変動 であると、科学者たちは主張する。気候変動に起因して、今回よりもさらに強烈な荒天が引き続き生じると予想される。多くの場合、これらの環境災害は、気候変動への関与が最も少なかった者に影響を与える。

“気候変動が平常時の気象形態に影響と混乱を与え続けている中で、低地に広がる多くの市街地は海面上昇による浸水被害を受けやすいことがサイクロン・アイダイによって明らかになった。”

非営利報道機関グリスト の最近の記事を読めば、気候変動と熱帯暴風雨の関係性はもはや否定できない。

“サイクロン・アイダイは自然災害ではない。この暴風雨は気候変動、数世紀にわたる植民地制度、および一向に減らない国際社会の不正の影響を受けて、これまでに経験したことない悪影響を社会にもたらした。”

地球温暖化がさらに激しい 雨量を引き起こしている。アイダイはほんの数日で一年分の雨量を降らせた。ここ最近で土壌を固くし、雨水の流出量は増加している。海面も100年前と比べると1フィート高くなっていて、沿岸洪水がさらに内陸に広がっていることは容易に理解できる。

科学者たちと環境活動家たちは、気候変化 への対策が遅れれば遅れるほど、最悪な結果が人類、動物そして地球全体を待っているだろうと警告している。人類および動植物が被る災禍およびその影響の範囲が実際どこまで及ぶかは、まだ見極められていない。

校正:Masato Kaneko

コメントする

Authors, please ログイン »

コメントのシェア・ガイドライン

  • Twitterやfacebookなどにログインし、アイコンを押して投稿すると、コメントをシェアできます. コメントはすべて管理者が内容の確認を行います. 同じコメントを複数回投稿すると、スパムと認識されることがあります.
  • 他の方には敬意を持って接してください。. 差別発言、猥褻用語、個人攻撃を含んだコメントは投稿できません。.