記事 南アフリカ

サイクロン・アイダイ: この気候災害時、見過ごされた動物救助

サイクロン・アイダイの破壊は区別がない。動物愛護活動家たちは市民に 、避難中や救助活動中に動物たちを置き去りにしなように。また、サイクロンの影響下で怪我をしたり苦しんだりしている動物を探すのも忘れないよう訴えている。

南アフリカ:子供の頃信じていたあんなこと? こんなこと!

オレンジの種を飲み込むと、お腹からオレンジの木が生えるって。

写真が語る アパルトヘイト撤廃後の南アフリカの現状

一枚の写真をめぐり南アフリカの経済格差に注目が集まった。同問題の根本的な解決は長く果てしない道のりなのだ。

離れ離れになった家族を見つけ出すためのサイトに、50万人を超す難民が登録

生き別れた大切な人を取り戻すために。デンマーク人の兄弟が立ち上げたこのサイトは、故郷を追われた世界中の人々の助けとなっている。

南アフリカの女性がツイッターでHIV感染者であることを告白

昨月ツイッターにて自身がHIV感染者であることを告白した南アフリカのサイディー ブラウン22歳に、全世界のインターネットユーザーから賞賛が集まっている。

友情と共感のグローバルメッセージ〜心をゆさぶる80年代ポリティカルソングの数々

インパクト溢れる政治的メッセージを発信する80年代の7つのヒット曲。今一度耳を傾け心をゆさぶるその主張を感じ取ろう。

アフリカのサイ救出 この奇抜なアイデアに最後の望みを託すのか?

偽の犀角(さいかく)から、生息地の移動まで。いまどきの野生動物保護家たちは、斬新で、時に不確かな戦略で絶滅危惧種の救出に挑む。

メディアで報道されないアフリカの一面を見てみよう

西欧メディアはアフリカを、暗く、醜く、絶望的な場所として報道しがちである。アフリカのツイッターユーザーは、ハッシュタグ#TheAfricaTheMediaNeverShowsYouを用いて、西欧メディアが報道しないアフリカの一面を紹介している。

ケープタウン ファンシー・ガラダは自分を癒すために歌う  そして周囲の人を癒すためにも

ファンシー・ガラダは、10歳にして弟や妹の面倒を見ることとなり、急速に成長していった。だが、年下の兄弟姉妹の面倒を見るために、時には辛い思いもした。子供の時の辛い体験から立ち直ろうと、彼女は歌う。

マンデラ氏追悼式、手話通訳者が偽物!?

マンデラ元大統領の追悼式で手話通訳をしたタマサンカ・ジャンティ氏。なんと、その手話はデタラメだった。彼の名は「インチキ手話通訳」として世界中に知れ渡っている。