記事 ナイジェリア

ロスト・イン・トランスレーション:Google翻訳、ヨルバ語などのアフリカの言語に苦戦

ますます多くのテック企業が、翻訳を介して色々な言語のコンテンツにアクセスできるサービスを提供している。そんな状況のなか、訳文の精度や文化的に微妙な意味合いの違いから、機械翻訳に関する議論や課題が明らかになってきている。

ヨルバ語における借用語:言語はいかに進化するか

原語のままの単語を使うことは、言語を通して存続してきた文化を守り、引き続き繁栄させる一助となる。

「世界ラジオデー2020」を世界と共に祝ったナイジェリアの放送局

2020年2月13日の世界ラジオデーにナイジェリアの放送局も参加。ラジオが世界の発展に果たした力強い役割に対し、世界中のラジオ関係者がその栄誉を称えた。

なぜ?ナイジェリアでトランプ人気、その秘密を探る

米国のトランプ大統領は国際問題の対応において、世界中で低い評価を受けているが、ナイジェリアのようなアフリカ諸国では事情が異なる。

ナイジェリア英語は「外国語」か―アカデミー賞が呼んだ議論―

アカデミー賞国際長編映画賞への ナイジェリア初の 出品作「LIONHEART/ライオンハート」が、「英語が多すぎる」という理由で失格になった。

アメリカのブルーグラスバンドがナイジェリアの人気バンド、P-スクエアの曲をカバーして大盛況

普段アメリカのライブハウスやフェスに出演しているシカゴのブルーグラスバンドが、ナイジェリアの首都アブジャの米国副領事宅で演奏することになった。その経緯とは?

世界に配信:ヨルバ語でわらべ歌を楽しめるアニメーション動画

祖国を離れて暮らす一人のナイジェリア人の母親が、多くの子どもたちにヨルバ語を伝えていくために、わらべ歌のオンライン動画を制作している。

ナイジェリア:中学・高校時代あるあるツイート!

怖い先輩、いやなテスト、そしてムチ打ち!? ナイジェリアのセカンダリースクール出身者たちが、#SecSchoolinNigeriaのハッシュタグで当時を振り返り、盛り上がっている。

パリ同時テロ後、アフリカから上がる疑問の声:「命の価値は平等か?」

世界の同情がパリに集まる中、「ある一部の人たちは我々とは違い特別なんだ、という考えは受け入れられない」とFacebookに書き込んだユーザーがいた。

チーム・ナイジェリア わずか5日間で1冊の本を作る!

一夜城ならぬ、五夜本プロジェクト「ブック・スプリント」。チーム・ナイジェリアとしてブロガー、作家、活動家らが集められ、わずか5日間で1冊の本「Nameless」を作り上げた。