記事 シエラレオネ

エボラ感染の減少―専門家は警戒対策の維持を訴え

世界保健機関が西アフリカ地域でエボラ流行を宣言してから1年が過ぎた。エボラ流行の現地にいた医師と保健ジャーナリストが、この1年を振り返る。

リベリアから韓国まで 広がるエボラへの無知と混乱

「エボラウイルスのため」韓国のパブではアフリカ人お断り。ナイジェリア人の億万長者の伝道師は、特別な水で患者を治療しようと言っている。

エボラ熱、アフリカ人の文化的および人間的価値を侵す

社会人類学者及び社会学者のジニー・ムーニー氏が、エボラ流行が、いかにしてアフリカ人の社会性を奪っているか、を語る。 The way West-Africans care for their sick and deceased, supposedly differs significantly from that of the rest of the world. This is far from...

エボラ流行中も冷静な西アフリカ、世界へ呼びかける

西アフリカでは多くの人々が、新たなメディアの力を活用してエボラ出血熱と戦っている。この感染症による死者は5000人にのぼり、感染者も1万人を超えた

西アフリカでのエボラ大流行、今知っておくべき事とは

西アフリカにおける史上最悪のエボラ大流行、様々な情報が飛び交う中、今私たちが知っておくべき事とは何か。4つの画像を用いて説明している。

死の病、激しい紛争、そして白人救世主:ハリウッドが創る歪んだアフリカイメージ

20年近く前にヒットした映画「アウトブレイク」。エボラに見立てた架空のウィルスをとりあげた作品だ。その後、ハリウッドの対アフリカ意識は進化しているのだろうか?

フィジーからイタリアまで、花開くグローバルエコツーリズムの新しいかたち

TribeWantedは自立したエココミュニティーのモデルをメンバー達と共同設立し、現地住民と共に運営を行っている。この新しい形態のエコツーリズムは世界中の様々な場所に広がりつつある。

シエラレオネ:帰国後6ヵ月

シエラレオネ人ブロガーが、米国からシエラレオネに戻った後の経験について書いている。「シエラレオネに来て6ヵ月になるが、正直に言うと…大変で、もどかしく、惨めで寂しい。当初ここに着いた時、私の目的意識は高く励みになっていた。変化をもたらすためにここへ来て、そして確かに変化をもたらした。」 (英語)