記事 モザンビーク

サイクロン・アイダイ: この気候災害時、見過ごされた動物救助

サイクロン・アイダイの破壊は区別がない。動物愛護活動家たちは市民に 、避難中や救助活動中に動物たちを置き去りにしなように。また、サイクロンの影響下で怪我をしたり苦しんだりしている動物を探すのも忘れないよう訴えている。

モザンビークで史上初、女性の公立大学学長が誕生

モザンビーク初の女性学長、女性活躍の後押しとなるか

モザンビーク ごみ集積場で崩落事故 16名が死亡 誰が責任を負うのか

堆積したごみの山が崩落するという最悪の事態が生じてしまったのだから、当局はつべこべ言わずフーレン廃棄物処分場閉鎖措置を至急取る必要がある。

コペンハーゲンに流れる魂のうたーアフリカとスカンジナビア、人と音楽の美しい出会い

メンバーの出身地はスエーデン、モザンビーク、デンマークと様々だが、バンドとして演奏すれば心は1つになる。これこそが音楽の力。

サハラ以南アフリカ、地方の電力普及率は10%未満。仏企業が変革に挑む

世界人口の15%が暮らすアフリカ大陸、しかし、彼らが消費する電力は地球全体のわずか3%に過ぎない。アフリカの電化に挑む様々なプロジェクトを紹介する。

モザンビーク:救命外科医は医師じゃない!!

国全体で現役の外科手術の執刀医がわずか20人ほどしかいない状況で、何ができるか?モザンビークは、手術を執刀する非医師の育成を決めた。

アフリカ:アフリカの人々の人間性を写真と映像で祝福

最近、BuzzFeedの記事がフェイスブック上で1600万件シェアされ急速に広まった。 その記事は21枚の写真を取り上げており、どの写真も人間性への信頼を取り戻させるようなものであった。 しかし、残念ながらアフリカやアフリカ人に関する写真はない。アフリカのイメージを変えようと努力しているにも関わらず、アフリカ大陸はいまだに国際援助を受けている国として知られている。また、支援を必要とする地域住民を「助ける」ために国際的なNGO組織がきている地域だと広く認識されている。アフリカ大陸は多大な支援を必要としていることは否定できない一方で、 多々埋もれてしまっている物語がある。それはアフリカの人々同士が助け合っている物語である。 アフリカ大陸には人間の魂のすばらしさを証明するもので溢れているのだ。そこで、ここでは「アフリカ人にもハートはある」ことを証明する写真や映像を紹介する。

モザンビーク:ダイビングと海洋生物の保護

近年、モザンビークの観光ビジネスにおいて重要な役割を果たすビーチ沿岸での乱獲に警鐘が鳴らされている。モザンビークの人口の3分の2が居住するという沿岸地域の継続可能な未来に欠かせない職業ダイバーや自然保護活動家として、より多くのモザンビーク人が活躍するための取り組みを追いかけた。

オンラインハイライト:2011年 ポルトガル語圏の国々より

2011年、ポルトガル語圏の多くの国々でブロガーや活動家が連携、情報を翻訳し、世界中のブログや市民メディアを通じて発表した。本記事では、昨年、グローバルボイスで取り上げたポルトガル語圏の記事から、ハイライトをピックアップする。

モザンビーク:「食糧暴動」を振り返る

モザンビークの首都マプトで9月1日から2日にかけて発生した暴動は、13〜18人の市民の命を奪い、その後緊張と噂の絶えない日々が続いた。ネット言論上で、どのように今回の暴動が受け止められているかをまとめてみた。