記事 ザンビア

アフリカで医学研究の道を拓く:若き医師の挑戦

アフリカ、ザンビアを拠点に活動するランジット・ウォリアー医師へのインタビュー。研究・開発の基本すら確立されていないアフリカ医療の現状と現地で求められていること。

ザンビア出身の15歳少年、学生として初めてマイクロソフト認定プロフェッショナルに

ザンビア出身の15歳の少年が、ヨーロッパで最も若いマイクロソフト・テクノロジー・アソシエイト(MTA)の仲間入りをしたことで、情報通信技術コミュニティーの喝采を浴びている。

ザンビア:インターネット監視に中国人技術者?

ザンビア政府は、中国の技術者と共同で、インターネットを利用者に気づかれずに監視する設備を国内に整備したと伝えられている。電話やインターネットのプロバイダー企業は、大統領府および中国からのIT技術者達の設備立ち入りや、ネットワーク体系の調査を受け入れるよう依頼されているようだ。現時点での匿名筋からの情報や、プロバイダー側の声を取り上げる。

アフリカ:アフリカの人々の人間性を写真と映像で祝福

最近、BuzzFeedの記事がフェイスブック上で1600万件シェアされ急速に広まった。 その記事は21枚の写真を取り上げており、どの写真も人間性への信頼を取り戻させるようなものであった。 しかし、残念ながらアフリカやアフリカ人に関する写真はない。アフリカのイメージを変えようと努力しているにも関わらず、アフリカ大陸はいまだに国際援助を受けている国として知られている。また、支援を必要とする地域住民を「助ける」ために国際的なNGO組織がきている地域だと広く認識されている。アフリカ大陸は多大な支援を必要としていることは否定できない一方で、 多々埋もれてしまっている物語がある。それはアフリカの人々同士が助け合っている物語である。 アフリカ大陸には人間の魂のすばらしさを証明するもので溢れているのだ。そこで、ここでは「アフリカ人にもハートはある」ことを証明する写真や映像を紹介する。

アフリカ: 2012ネーションズカップ、キックオフ!

1月21日土曜日、赤道ギニアのバタでアフリカネーションズカップが始まり、3週間の過酷な大会が幕を開けた。ネーショーンズカップはアフリカで最も重要な国際試合である。

ザンビア、9月20日投票日に向けて、各政党のオンラインキャンペーン

(訳注:原文は2011年9月10日に公開されました。)2011年9月20日の投票日まであと2週間もなくなり、各政党はポスター、テレビ、ラジオのCMを使った従来の方法ではなく、全く新しい基盤ワールドワイドウェブによる選挙キャンペーンを行うようになってきている。

動画:子供向けニュース番組プロジェクトKids News Networkについて

オランダ発のプロジェクトKids News Networkの支援活動によって現在、ミャンマー、ザンビア、スリナム、南アフリカ、ペルー、インドネシア、オランダ領カリブ諸島、そしてモザンビークにおいて子供向けニュース番組が放映されている。番組はウェブサイト上でも見ることができる。

デモクラシー・ビデオ・チャレンジ、受賞者発表

デモクラシー(民主主義)って何?デモクラシー・ビデオ・チャレンジでは、この問いに900人以上もの応募者が挑んだ。デモクラシー・ビデオ・チャレンジは、米国務省と他の多くのパートナー機関によって企画され、世界中から作品の応募を募った。今回は、「デモクラシーとは」について独自の視点で語り、見事に受賞したビデオを紹介する。