See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

南アフリカの女性がツイッターでHIV感染者であることを告白

(原文掲載日は2017年3月6日です)

22歳の南アフリカ人の女性、サイディー・ブラウンがツイッターにてHIVに感染していることを告白。 ツイッターから転載

先月ツイッターにて自身がHIV感染者であることを告白した南アフリカのサイディー・ブラウン22歳に、全世界のインターネットユーザーから賞賛が集まっている。

両親が感染者であることから彼女は生まれた時からHIVに感染していた。しかし、10代前半の頃になって初めて、生まれつきHIVに感染しているたことを知った。

先月、彼女はそんな自分の人生をツイッターで公開することを決意した。

14歳で自分がHIVに感染していると知った時、たぶん18歳まで生きられないだろうと思ったけど、今私は22歳になりました

HIV拡大予防を行う慈善団体Avertは、世界中に感染が広がったHIVウィルスの発生起源は南アフリカだとしている。2年前、すでに700万人の感染者がいる南アフリカで新たに38万人のHIV感染が確認されており、2015年には18万人もの南アフリカ人がエイズ関連症候群により死亡している。

南アフリカのエイズ基金によると、南アフリカでのHIVの 拡大の要因は貧困、不平等、社会不安、無防備な性交渉の蔓延、女性差別、性的暴行、移民労働者、医療格差および伝染病に対する適切な指導の欠如とされている。

「HIVの汚名を背負って生きる南アフリカの人々(原題:The People Living with HIV Stigma Index in South Africa)」と題する調査報告書(作成:人間科学調査評議会)は、HIVに感染した人の3人に1人は、周囲の人たちから汚名を着せられたことがあり、特に女性は男性よりその傾向が強いということを 明らかにしている

ブラウンの勇気ある告白がツイッター利用者に賞賛されるのはもっともである。「ワコー・ジョエル」はツイッターで、彼女をアフリカのHIV/AIDS大使に任命すべきだと提案した。

意見:南アフリカ人サイディー・ブラウンは、HIV/AIDSアフリカ大使になって、世界に向けてエイズに関する講演を行うべきです。

ウガンダのレコーディング・アーティスト、ギッツ・ビートは、ブラウンの勇気は他の人の模範となるべきだと言った。

私たちはときには、何事においても従来の枠にとらわれない自由な考えを持つ必要がある。そして臆することなく自分の考えを言葉に出すべきだ。サイディー・ブラウンが昨日告白できたのなら、今日は君が告白できるはずだ。

Sibusiso Msesiweは下記のように記している。

私はつい先日2番目の従兄弟をこの病気で亡くし、涙を浮かべてあなたの記事を読みました。
あなたを本当に誇りに思います。
がんばってください。
愛しています!

デラ・ロベーラはブラウンの勇気にこう感謝している。

あなたは私のアイドルよ!あなたは本当にすばらしくて力強いわ!!!人生のレッスンをありがとう。

ブラウンは、HIVに関する世間の受け止め方を変えるように努めたので、HIVと共に生きる人たちにとっての英雄になったと、マーク・ジェマンヤは考える。

サイディー・ブラウン、だれだってHIV/AIDSに対する免疫など持っていない。君は汚名を背負って生きる人たちにとっての英雄だ。何も分かっていない人たちに啓発を続けてくれ。

ブラウンの投稿から起こったこの感動的な波紋は世界中に広がっている。

サイディー・ブラウン、君の話をBBCで読んだよ。君はきっと本当にすばらしい人なんだろうね。君の平和と健康と成功を心から祈ってるよ。

もし南アフリカのHIV感染者達がどのような問題に直面しているのか想像がつかないのであれば、匿名のツイッターユーザーからブラウンに向けられた下記の質問を見てほしい。

もし肉体関係によってHIVに感染したとしても、いまみたいに勇敢になれるかい?

そしてそれに対しての彼女の返答は

なれるわ。どうやって感染したかなんて問題かしら?HIVはHIVよ。

その通り。ただ一人MMaenza1の質問の論拠に異議を唱えたツイッターユーザーがいた。

すみませんMMaenza1、でもあなたの質問はどんな風にHIVの問題の解決につながるんだい?私はサイディー・ブラウンに賛成で、どうやって感染したかなんて関係あるかい?

米国のマイケル・トゥレスは下記の書き込みを行った。

神のご加護を!暗闇の中でもまだそこには命があるってことを私たちは世界に伝えているんだ!

校正:Masato Kaneko

コメントする

Authors, please ログイン »

コメントのシェア・ガイドライン

  • Twitterやfacebookなどにログインし、アイコンを押して投稿すると、コメントをシェアできます. コメントはすべて管理者が内容の確認を行います. 同じコメントを複数回投稿すると、スパムと認識されることがあります.
  • 他の方には敬意を持って接してください。. 差別発言、猥褻用語、個人攻撃を含んだコメントは投稿できません。.