See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

Masato Kaneko

元某市役所の職員です。在職中は、主に下水道の設計、施工、維持管理に従事してきました。その間、発展途上国からの研修員への技術指導に携わることもあり、少し英語を使う機会がありました。定年退職し、自由時間ができたのでこのボランティアに参加させていただきました。東京オリンピックの年に75歳になります。それまで、がんばりたいと思っています。

Eメール Masato Kaneko

最新の記事 Masato Kaneko

2016/09/20

​​パナマ運河拡張工事を特徴づけるものは? 技術、工学そして目を見張るような歴史的遺物の発見だ 

​2016年6月​、10年を費やしたパナマ運河の拡張工事が完成した。この間、様々な技術が駆使され、​工事箇所からは多くの貴重な出土品も発見された。

2016/09/17

​​MITでの失敗をインドでの成功につなげる。 多くのインド人に新鮮な牛乳の供給が可能に

​開発途上国への援助では、ただ、現場に行くだけだったり、現実問題を極端に単純化したり、上から目線で見たりすることの無いようにすることが大切である。

2016/09/01

キルギスタンとカザフスタン間に「トイレ清掃」論争  収束​の目処立たず

確かにトイレ掃除をしているキルギスタン人もいる。でもトイレ清掃は、まっとうな仕事だ。トイレ清掃のおかげで家族をしっかりと養うことができるし、キルギスタン経済に多大な貢献をすることもできる。

2016/08/14

シンガポール政府 コメの摂取制限を勧告 糖尿病との関連性示唆 

コメは、砂糖よりも糖尿病を引き起こす危険性が高いのだろうか。シンガポールで、コメ対砂糖の議論が沸騰している。

2016/07/29

​バングラデシュ政府、サイクロン・ロアヌの脅威を見事に克服 

今年(2016年)5月にサイクロン・ロアヌが、バングラデシュを襲った。10年前にロアヌに匹敵するサイクロンがバングラデシュを襲っていたら、死者数は数百人におよび、数千人が路頭に迷っていただろう。現状を見ると、いかに状況が改善されたかが分かる。今回の災害による死者数はあきらかに減少している。

2016/07/18

バイカル湖の水位低下は、気候変動の仕業

バイカル湖は、世界最大の淡水湖であり、ユネスコの世界遺産に登録されている。同湖はいま、大幅な水位低下に見舞われている。

2016/07/10

最新の養蜂技術は、温故知新で!

世界各地で、ミツバチの減少傾向が認められる。自然保護活動家は、現地の農民とともにこの現象の解決策を探っている。

2016/04/13

教師及び教育委員会の反対もむなしく、ノースカロライナの高校生が強制送還により「死に直面」

未成年時に中央アメリカから米国へ越境した6人の生徒が強制送還の危機にさらされている。本国へ送還されたら、生死にかかわる危険に会いかねない。

2016/03/19

米国で急成長する都市型農業 その実態を探る

米国内の都市農業の実態を探る。都市農業がもたらす便益は、栄養源の供給だけにとどまらない。

2015/12/04

プレイ・ラング森林の破壊に対してカンボジアの僧侶たちが抗議

我々カンボジアの僧侶は、異常な速さで進んでいる我が国の森林破壊のことを考えると、この問題について黙っていることはできない。