See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

ブラジル: 緑の砂漠の冷酷な美しさ

この記事は森林保護:アマゾン特集の一環です。

緑の砂漠」という用語は1960年代後半にブラジルでつくられた、パルプ製造を目的とする広大な単一種植栽プランテーションを指す言葉である。この時既に砂漠化、浸食、生物多様性の減少、人の立ち退きを含む、これらプランテーションによる将来的な環境への影響がこの用語に暗示されていた。

1960年代にミナス・ジェライス州北部やバイア州南部で初のユーカリプランテーションが作られた。ブラジル植林組合(Associação Brasileira de Produtores de Florestas Plantadas)の見積もりによれば、サッカー競技場960個分に相当する720ヘクタールのユーカリ単一種植栽プランテーションが今現在毎日作られていると言う。最も多く植栽されているのはミナス、サン・パウロ、バイラ地域であるが、緑の砂漠はブラジル北東部および南部の州にも広がりつつある。

この記事のリンクは特記していない限り全てポルトガル語ページにリンクされている。

Fazenda de eucalipto em agudos

密植されたユーカリプランテーション。写真提供: Cássio Abreu (CC BY 2.0)

Viajante Sustentável (サステイナブルな旅人)として知られるブロガーは、4月にミナス・ジェライス州を旅行した際、Jequitinhonha 峡谷 [en]の住人と話し、地域の視覚的、社会的な風景が過去20年間で変化した経緯を知った。:

A catastrófica monocultura de eucalipto pelas empresas privadas nas cabeceiras dos rios e riachos, além de envenenar o solo, expulsou a fauna e flora do local, secou as nascentes e o lençol freático. O deserto verde do eucalipto tornou-se uma calamidade socioambiental. A região já foi auto-suficiente em alimentos essenciais, cultivados pela agricultura familiar, integrados com a natureza. A situação mudou radicalmente, exibindo riachos completamente secos, sem olhos d’água, rios cada vez mais baixos e assoreados, praticamente toda a alimentação proveniente de distribuidores em Belo Horizonte, pastos abandonados. Enquanto isso, as transnacionais de eucalipto e celulose engordavam os lucros.

川や細流を水源にした企業所有ユーカリ単一種植栽の裏に隠されていた破滅的な構造により、土壌が汚染されただけでなく、地域古来の動植物が損なわれ、細流や地下水が枯渇した。結果的に、ユーカリの緑の砂漠は社会的かつ環境的な惨事となった。地域では複合農法で食物を栽培しており、既に環境維持に適した方法で必要な食物を生産していたが、状況は根本的に変わった。細流は完全に枯れ、湧き水の出る泉もなく、水量は徐々に減少し、堆積物の量は増加した。農場は見捨てられ、全ての食物が事実上Belo Horizanteの業者から供給された。その一方で、ユーカリおよびパルプに関わる多国籍企業は巨額の利益を上げていた。

モンテス・カルロス [en]においても、状況は変わらない。:

Nada plantado, com a exceção lamentável de cerca de trinta quilômetros do triste deserto verde. As pragas do eucalipto e pinus se alternavam, envenenando, esgotando as nascentes e o lençol freático. Utilizando pouquíssima mão de obra, a monocultura de exportação em nada contribuía para a diminuição da miséria local, ao contrário, concentrava os lucros na mão de uma ou outra grande empresa transnacional.

悲惨な事に、30kmの緑の砂漠以外には何一つ育たない。ユーカリと松の木の呪いにより、泉や地下水の汚染と枯渇が交互に起きている。単一種植栽樹木の輸出プロセスは単純労働者をほとんど必要とせず、現地の窮状軽減に貢献するどころか、問題となっている多国籍企業への利益産出に専心するためのものだ。

詩人の Anna Paim は19年振りに故郷のEspírito Santo州を訪れ、非常にショックを受けた。:

Triste porque encontrei os mais belos locais de paisagem nativa totalmente destruidos e ocupados pelos eucaliptos. Deixo registrado aqui o meu protesto, a minha raiva, a minha pena, sei lá…

ひどいものでした。地域風景で最も美しい場所がユーカリに覆われ、完全に損なわれてしまったのを目にしました。私の憤り、激しい怒り、苦痛、そして、、、困惑の記録をここに残しておきたい。

Beco da Velha (老婆の小道) はブラジル南部で天然のユーカリがまさに自生していると記憶する。遺伝子組み換え作物が導入されてから、被害が起き始め、悪化したと彼は言う。これは遺伝子組み換え作物が通常より多量の水を消費することに起因し、この水の消費が作物の加速度的な成長を引き起こすのである。:

O que há hoje de diferente no plantio do eucalipto, além de sua atual transgenia, é a intensidade com que isso se faz, a falta de qualquer critério ou bom senso na implantação das lavouras de eucalipto em qualquer lugar, em extensões assombrosas, e, principalmente, as intenções estratégicas que estão por trás dessa súbita paixão pelo “reflorestamento” – termo muito impróprio para o que hoje se faz, porque reflorestamento presume que se vai repor a floresta que existia no local, reconstituindo-se o ecossistema devastado. E é justamente o contrário que se passa.

遺伝子組み換えの要素に加えて、ユーカリ植栽の現在の違いは過度の密度で栽培されている事実である。多量のユーカリの木がいかなる種類の基準や一般常識を欠いたまま、何処にでもあらゆる場所に植えられた。「森林再生」という高まる情熱の裏に秘められた戦略的意図に大きな相違がある。なぜならこの用語は、地域の森林が再生し、破壊されたエコシステムが修復されると提示しているが、現在行われていることを表すには実際のところ全く不正確な用語である。この用語は起こっている現象の真逆を示している。

上を向き、前を目指して

Source: Centro de Estudos Ambientais

画像は Centro de Estudos Ambientaisより

緑の砂漠は南東部の大西洋岸森林中に拡大し、北部および北東部では乾燥地帯まで達した。ピアウイー州では、州の発展を見込んで、製紙・パルプ工場の建設が行われた。ブロガーの Leo Maiaはこれに対し議論を唱えており、現地農民が食物生産へのやる気を持てない一方で、IBGE (ブラジル地理統計院)の発表事実によれば、州人口の41%が栄養失調であると主張する。

それにも関わらず、ピラウイー州では面積16万ヘクタール(1 600 km平方相当またはピラウイー州総面積の1.57%) が輸出用の紙やパルプ製造の為のユーカリ「森林」に変えられた。Leoは地元紙に掲載された記事を ブログに再掲載し、商業的な意図と住民の要望の食い違いを非難した。:

(…) árvores de crescimento acelerado, como o eucalipto, dependem de grande quantidade de água para se desenvolver e por isso provocam o secamento do solo, diminuem os mananciais e aumentam a possibilidade de desertificação dessas regiões. Sendo assim, a instalação da Suzano mais uma vez contradiz as reais necessidades da população do Piauí, já que o estado sofre, praticamente todos os anos, com os efeitos da estiagem. Só no início deste ano, mais de 155 municípios declararam estado de emergência por causa da seca, alguns deles tiveram a safra comprometida em 90% por falta de água.

(…) ユーカリのような急速に成長する樹木の発展は大量の水に依存している。これが土壌の乾燥を引き起こし、その結果問題とされている地域の砂漠化のリスクを増長している。ピラウイー州は既に何年にも渡り干ばつに苦しんでいるという理由で、製紙・パルプ工場の草分け、スザノ製紙はまたもやピラウイー住民の真の需要を否定した。水不足のため収穫の90%がだめになった作物がいくつかあり、今年の始めだけで既に155以上の州地元当局が干ばつ非常事態宣言を出した。

環境保全支持者や社会運動家らは、ユーカリと単一種植栽そして農薬の危険な組み合わせによる人体への健康リスクを依然として非難している。ユーカリ植栽は農耕目的に利用できる土地を占める上に、近隣地域で農業を営む人々の妨げでさえもある。なぜなら餌を探す野生動物により彼らの土地が最終的に侵略されてしまうからだ。Mariana Brizotto はプランテーションは森林ではない事実を強調し、疑問を投げる。:

O que faremos quando não houver mais água? Vamos comer papel?

水がなくなったらどうするの?紙を食べるとでも?

ユーカリの単一種植栽により農民が土地を失う中、Bahian Sumário Santanaの詩は緑の砂漠の悲しさと美しさからインスピレーションを得ている。:

Onde existia uma comunidade tradicional, de nome Marília, hoje é a fábrica de Celulose. Ali em Mundo Novo, onde trabalhavam contentes as famílias com as suas pequenas olarias, hoje existe apenas uma grande olaria. Foram embora as famílias, secou o rio, sumiu a argila e agora, a fábrica ameaça fechar. Ali onde antes era uma colônia agrícola, com centenas de pequenos proprietários, hoje são latifúndios cercados, guardados por seguranças de motos.

Ali onde era imensa, diversificada e úmida a floresta, hoje é um deserto verde.

O supostamente feio, caótico e emaranhando de plantas, cipós, nascentes, bichos, ninchos, centopéias, gosmas, barro, limos e fotossíntese, deu lugar

Ao supostamente belo, um único mosaico, bem desenhado, mapeado, registrado, uma única espécie, repetida em série, na solidão do deserto.

マリーリアの伝統的集落が存在した場所、今そこにあるのはパルプ工場。その新大陸の人々は小さな煉瓦工場で幸せに働いていた。今そこにあるのは辛うじて大きな煉瓦工場が一つ。人々は去り、川は枯れ上がり、銀は消えた。そして煉瓦工場は閉鎖の危機にある。かつてあった何百の小規模農家の村に代わり、今そこにあるのはバイクの警備員に守られたいくつかの大きな屋敷。

水を湛えた崇高で多様な森林に代わり、今そこにあるのは緑の砂漠。

醜いとされたものが美しいとされたものに取って代わられた。

混沌、絡まった植物、蔓、泉、昆虫、ムカデ、ぬかるみ、泥土、砂泥、そして光合成は失われ、

巧みに設計、配置、登録された、単一種類のモザイクに取って代わられた。砂漠の孤独の中で、連なり繰り返される、ただ一つの種の配列に。

Good bye, my pampa [bioma]. In the background, an eucalipto plantation.

Charge de Santiagoは許可を得て掲載。

この記事は森林保護:アマゾン特集の一環です。

 

コメントする

Authors, please ログイン »

コメントのシェア・ガイドライン

  • Twitterやfacebookなどにログインし、アイコンを押して投稿すると、コメントをシェアできます. コメントはすべて管理者が内容の確認を行います. 同じコメントを複数回投稿すると、スパムと認識されることがあります.
  • 他の方には敬意を持って接してください。. 差別発言、猥褻用語、個人攻撃を含んだコメントは投稿できません。.